2015.12.06

9)「時計式ToDo管理ふせん」を考え出したきっかけ

CATEGORY / MEMO

時計式ToDo管理付せん

私は、かねてよりスケジュール管理がうまくできず、困っていました。特に独立して働きはじめた頃はそうでした。

就業時間も自分で決めていい訳ですし、自由と言えば、自由なのですが、実際のところはそうでもありませんでした。最も頭を悩ませたのが、1日うちどれくらい仕事をすべきがか、ということでした。

結局、独立した1年目は、それこそ目が開いている時間は全て仕事をするという状況。つまり、朝起きて食事が終わったらすぐにパソコンに向かい、食事もそこそこに夜の11時~12時くらいまでひたすら仕事をしていました。

なにか、仕事をしていないと不安な感じがしていたのをよく覚えています。そんな生活を1年くらいしていましたら、案の定、体が悲鳴を上げて、心臓に不整脈が出てくる始末。病院で行ってみると、特に心臓に異常はないとのこと。過度のストレスが原因と言われました。

仕事の時間をもっと減らさなければ、という事態に迫られたのです。ただ、目の前には厳然と山のような仕事が立ちはだかっています。

この状態をどのように克服したらいいだろうか。つまり今よりも短い時間で、よりたくさんの仕事をしていかねばならないということです。その時、自分のスケジュール管理ツールをじっくりと見つめてみました。

ひとつは、お客様とのアポイントをまとめているスケジュール帳。ここは、お客様という相手の方がいることなので、あまり改善の余地はなさそうに感じました。

そして、もう一つがToDoリストです。こちらは、アポイントと違って自分自身で進めていくことができます。

実際、私の1日の仕事内容を見てみますと、アポイントよりもToDoリストの方が圧倒的にたくさんありました。このToDoをいかに効率よく、管理していくかが私にとっての問題解決のカギになると思いました。

それまでの私のToDo管理は、ロディアなどに、1日のToDoをリストアップしてひとつのToDoが終わるごとに、消し込んでいくというものです。朝に立てたそうしたToDoは全てやり遂げられることは少なく積み残しがある日のほうが圧倒的に多くありました。

1日の仕事をやり終えて、この積み残しがまだあるというのは、本当に仕事の疲れを倍増させるのに十分すぎるくらいの威力があります。積み残しだらけのリストを見ていると、何か自分が全く仕事ができない人間だということを突きつけられたような気がしてきます。

意気消沈し、トボトボとベッドに向かうという日々でした。そして、私にはこのリスト式はどうやら向かないと思うようになりました。その時不意に頭をよぎったのは、そんなスケジュール管理がダメな私でもお客様のアポイントだけはしっかりと全てこなせているではないか、ということでした。

ここに着目しました。

「アポイント」と「ToDoリスト」の間に何か違う点があるだろうか。そうだ!時間で管理しているか否かということだったんです。アポイントは何時から何時と時間がしっかりと決まっています。
一方のToDoリストは、時間の指定はなく1日の空いた時間でやっていくというざっくりとしたものです。ならば、ToDoリストもアポイントと同じように時間を決めていけばいいのではないか。

そこで、考えついたのが時計の文字盤を使った「時計式ToDo管理ふせん」だったのです。「時計式」を使うようになって、5年近くになりますが、今では、夕方の6時頃には仕事を終えることができうようになりました。

それでいて、仕事は格段に進むようになりました。以前は、いつも締め切りに追われあたふたとしていましたが、今では、1~2ヶ月先の原稿をすでに作成しているという状態です。まさに、ストレスフリーな日々を手に入れることができました。

そんな私の時間管理を大きく変えてくれた「時計式ToDo管理ふせん」。

*新しいタイプ「時計式ToDo管理ふせん ブルーダイヤル」

時計式ToDo管理ふせん ブルーダイヤル

*「時計式ToDo管理ふせん」とは?

■「時計式ToDo管理付ふせん」は、以下のショップで販売されています。
* フライハイト  &  楽天ショップ
* アサヒヤ紙文具店
* 文房具カフェ
* コーチャンフォー 若葉台店(付せん売り場)


MEMO

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH
2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

過去のブログはこちら

http://blog.livedoor.jp/tttk5jp/