2018.02.19

フレームマンスリー手帳 カバー製造工程を見学

CATEGORY / 手帳

私がプロデュースした「フレームマンスリー手帳」。おかげ様で大変売れ行きがよく、2018年の4月はじまり版も販売されることになりました。メーカーであるダイゴーさんから「フレームマンスリー手帳」のカバーを製造工程を見てみませんかとお誘いいただき、昨年の年末に行ってきました。

「フレームマンスリー手帳」のカバーはもともと、いくつかのパーツに分かれています。それらをひとつひとつつなぎ合わせて完成させていきます。それを行うのがプレス機のような大きな機械。作業台でカバーのパーツがずれないようにピタリと位置決めされ、上からプレス機のようなものがおりてきます。その先端には「ウェルダー金型」と呼ばれる真ちゅうの板がありまして、そこから高周波が出てほんの数秒でつなぎ合わされていきます。

フレームマンスリー手帳 ウェルダー工場

フレームマンスリー手帳 ウェルダー工場

これを「ウェルダー加工」と言います。「ウェルダー」とは「溶着」という意味です。原理としては電子レンジと同じなのだとか。高周波をあててカバーを溶かしてつなぎ合わせるそうです。「フレームマンスリー手帳」のカバーには背にペンホルダーが備わっています。私が見学に受かった時は、そのウェルダー加工がひとつひとつ手作業で丁寧に行われていました。

この工場では、様々なもののウェルダー加工が行われています。溶着するもののサイズにあわせて高周波を与える「ウェルダー金型」もひとつひとつ専用のものが使われます。地下の倉庫には、これまで使ってきたおびただしい数の「ウェルダー金型」がストックされていました。さながらワインセラーのように。

フレームマンスリー手帳 ウェルダー工場

フレームマンスリー手帳 ウェルダー工場

フレームマンスリー手帳 ウェルダー工場

フレームマンスリー手帳 ウェルダー工場

フレームマンスリー手帳 ウェルダー工場これは溶着の際に高周波を与える集中のパーツ

フレームマンスリー手帳 ウェルダー工場

「フレームマンスリー手帳」4月始まり販売中です。


2018.02.14

文具 働き方改革@池袋ロフト

CATEGORY / イベント

文具 働き方改革 池袋ロフト

2月13日〜3月4日、池袋ロフトにおきまして、私がディレクションしたコーナー「文具 働き方改革」が開催されています。今、注目されている「働き方改革」。多様な働き方が増えている中、生産性を向上させる文具を以下8つシーンごとに提案しています。総勢約50アイテム。

「企画の第一歩はアイデア発想から」
「どこでも仕事できる文具」
「デスク環境を向上させる」
「プレゼンの味方」
「書類整理が楽しくなる」
「スケジューリングは仕事の基本」
「小さいけど実力派」
「自分らしく伝える手紙ツール」

ディスプレイのディレクションも行いました。上記シーンタイトルのサインは、マニラフォルダーを使いました。パソコンのファイルアイコンがモチーフです。

池袋ロフト

文具 働き方改革 池袋ロフト

文具 働き方改革 池袋ロフト

文具 働き方改革 池袋ロフト

文具 働き方改革 池袋ロフト

文具 働き方改革 池袋ロフト

文具 働き方改革 池袋ロフト

文具 働き方改革 池袋ロフト

文具 働き方改革 池袋ロフト

文具 働き方改革 池袋ロフト

文具 働き方改革 池袋ロフト

 


2018.02.14

次回コラム予告

CATEGORY / ニュース

山櫻 伝書紙
「紙の個性が楽しめる一筆箋」山櫻 伝書紙


2018.01.31

次回コラム予告

CATEGORY / ニュース

ダイゴー すぐログ IDEA PLAN THINK
「タップリと「すぐログ」できる」ダイゴー すぐログ IDEA PLAN THINK


2018.01.17

次回コラム予告

CATEGORY / ニュース

PLOTTER ミニサイズ ToDo管理ツール
「NEW ToDo全集」デザインフィル PLOTTER ミニサイズ


2018.01.03

次回コラム予告

CATEGORY / MEMO

オリベッティ バレンタイン タイプライター
「風合いのあるオリジナルメモを作る」オリベッティ バレンタイン タイプライター


2017.12.19

「フレームマンスリー手帳」を販売頂いている123店

CATEGORY / 手帳

フレームマンスリー手帳

ダイゴー フレームマンスリー手帳
*色によっては売り切れになっている場合がございます。

Giftionery Delta
インキューブ木の葉モール橋本
オフィスベンダー 文具の杜
クロスランド 宇部
クロスランド 山口店
クロスランド 周南店
ぶんぶん堂米子店
ヨドバシカメラ 秋葉原店
ヨドバシカメラ 梅田店
ヨドバシカメラ 新宿西口店
ヨドバシカメラ 吉祥寺店
ヨドバシカメラ 京都店
ヨドバシカメラ 横浜店
伊東屋 本店
伊東屋渋谷店
伊東屋新宿店
紀伊國屋書店 梅田
石丸文行堂 本店
丸善 高島屋大阪店
丸善 池袋店
丸善 日本橋店
丸善丸の内本店
阪急百貨店 梅田本店
大丸藤井セントラル 2F
東急ハンズ 京都店
東急ハンズ 銀座店
東急ハンズ 広島店
東急ハンズ 渋谷店
東急ハンズ 心斎橋店
東急ハンズ 新宿店
東急ハンズ 池袋店
東急ハンズ 町田店
東急ハンズ 東京店
東急ハンズ 梅田店
東急ハンズ 博多店
東急ハンズ 名古屋店
東急ハンズ ららぽーと船橋店
東急ハンズ 横浜店
東急ハンズ 北千住店
東急ハンズ 大宮店
東急ハンズ 柏店
東急ハンズ 千葉店
東急ハンズ 仙台店
あべのロフト
くずはロフト
なんばロフト
ルクア大阪ロフト
ルミネ立川ロフト
宇都宮インターパークロフト
宇都宮ロフト
横浜ロフト
岡崎ロフト
海老名ロフト
岐阜ロフト
亀有ロフト
吉祥寺ロフト
京都ロフト
橋本ロフト
銀座ロフト
広島ロフト
甲府昭和ロフト
高槻ロフト
国分寺ロフト
佐賀ロフト
堺ロフト
札幌ロフト
市原ロフト
秋田ロフト
渋谷ロフト
小倉ロフト
小田原ロフト
松山ロフト
上田ロフト
上尾ロフト
上野ロフト
新横浜ロフト
新潟ロフト
新三郷ロフト
神戸ロフト
盛岡ロフト
西宮ロフト
静岡パルコロフト
仙台泉ロフト
仙台長町ロフト
仙台ロフト
千葉ロフト
千里バンパクロフト
川口ロフト
船橋ロフト
倉敷ロフト
相模大野ロフト
大宮宮原ロフト
大宮ロフト
大阪和泉ロフト
大森ロフト
大津ロフト
大分ロフト
大和鶴間ロフト
池袋ロフト
辻堂ロフト
天王寺MIOロフト
天神ロフト
ソラマチロフト
東戸塚ロフト
徳島ロフト
二子玉川ロフト
廿日市ロフト
梅田ロフト
柏沼南ロフト
八王子ロフト
八尾ロフト
姫路ロフト
浜松ロフト
武蔵境ロフト
武蔵小杉ロフト
福井ロフト
北砂ロフト
名駅ロフト
名古屋ロフト
木場ロフト
立川ロフト
鷲宮ロフト
鹿児島ロフト

「1ヶ月がクッキリ見える手帳」ダイゴー フレームマンスリー手帳


2017.12.13

次回コラム予告

CATEGORY / ニュース

鉛筆削り M+R 0601
「キリリとした削り仕上げ」M+R 鉛筆削り 0601


2017.12.07

STATIONERY UP↑

CATEGORY / おすすめショップ

STATIONERY UP↑

ショップ「ツールドブレイン」でステーショナリーコーナーのディレクションをしました。テーマは「STATIONERY UP↑」。モチベーションをアップしたり、効率をアップしてくれる文具をセレクトしました。画像は、ららぽーと湘南平塚店のものですが、国立店、埼玉コクーン店、なんばシティ店でも展開されていきます。

ツールドブレイン Instagram 〔tour_de_brain〕

ツールドブレイン STATIONERY UP↑

ツールドブレイン STATIONERY UP↑

ツールドブレイン STATIONERY UP↑

ツールドブレイン STATIONERY UP↑

ツールドブレイン STATIONERY UP↑

ツールドブレイン STATIONERY UP↑


2017.12.04

一本の万年筆との出会い「ペリカン トラディショナル編」

CATEGORY / ペン

ペリカン トラディショナル 万年筆

ペリカン トラディショナル 万年筆

自分の持っている万年筆を見ると、これはいつ頃どんな経緯で買ったのか、ということが思い出されます。万年筆はなんとなく買うというタイプのアイテムではなく、私にとって悩んで買うというものです。ですので、一本一本エピソードがあります。

このペリカン トラディショナルは、私がまだ社会人数年目の時に急遽買ったものです。急遽ということで記憶にクッキリと残っています。その頃、モンブランの164という細みの万年筆(バーガンディ)を常に胸ポケットに入れて仕事をしていました。あるとき、出張に行く時いつも携帯しているそのモンブランの万年筆をうっかり会社のデスクの引き出しに入れっぱなしにしてしまったのです。あるべき胸ポケットにいつもの万年筆がないというのは、なんとも心細いものがありました。下着を着けずに外出してしまったようなとでもいいましょうか。。とても不安な心持ちでした。そこで急遽近くのデパートに行って、買ったのがこのペリカンの万年筆だったのです。さすがに、同じモンブランの万年筆を買うお金は持っていませんでした。その時に買える、そして所有欲が満たされる万年筆として選んだのが、ペリカンのトラディショナルだったのです。値段はたしか8,000円くらいだったと思います。スチールペン先のわりにしなやかさがあって、気持ちよい書き味を楽しめる一本です。あとで気づいたのですが、ボディに「W.-GERMANY」と刻印されていました。当時、東西ドイツが統一して数年だったこともあり、西ドイツバージョンがまだ流通していたようです。

すっかりとペン先のメッキもはがれていますが、今も手放せない一本です。


MEMO

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

過去のブログはこちら

http://blog.livedoor.jp/tttk5jp/