2020.02.12

次回コラム予告

CATEGORY / ニュース

中島重久堂 鉛筆削り No.531s
「外出先でもキリリが味わえる」中島重久堂 鉛筆削りNo.531s


2020.01.29

次回コラム予告

CATEGORY / ニュース

デルフォニックス ロルバーン ケースM
「ペンをファイリング」デルフォニックス ロルバーン ケースM


2020.01.15

次回コラム予告

CATEGORY / ニュース

クラフトデザインテクノロジー メモロール
「ニュートラルカラーなメモロール」クラフトデザインテクノロジー メモロール


2019.12.11

次回コラム予告

CATEGORY / ニュース

WERDENWORKS ペンスタンド
「ペンを束ねるペンケース」WERDENWORKS ペンスタンド


2019.12.04

NY鉛筆専門店オーナーによる鉛筆専門書

CATEGORY / 何度も読み返したくなる本

ザ・ペンシル・パーフェクト 文化の象徴”鉛筆”の知られざる物語

「ザ・ペンシル・パーフェクト 文化の象徴”鉛筆”の知られざる物語」の発表会に行ってきました。鉛筆好き界隈では大変有名なニューヨーク マンハッタンにある鉛筆専門ショップ「cw pencil enterprise」。そのオーナーであるキャロライン・ウィーヴァーさんが書かれた本が、このたび日本語に翻訳されて出版されました。

光栄にも推薦文(ニュースリリース用)を書かせていただき、一足先に読ませていただきました。これほど詳しい鉛筆の本を私は読んだことがありませんでした。

鉛筆でサインをいただき、腕にある鉛筆のタトゥーも見せていただきました。

以下、私の推薦コメントです。

誰もが使ったことがある鉛筆。とても身近な存在でありながら、いかにその鉛筆について多くを知らなかったかを思い知らされた。鉛筆の歴史・製造工程の変遷・各国の鉛筆メーカーについて、まるでその時代に生きて見てきたかのようにリアルにそして体系的にまとめられている。日々鉛筆を愛用している私自身も数々の知識を本書から新たに吸収することができた。そうした鉛筆に関する知識や歴史だけでなく、鉛筆の魅力についても語られている。「鉛筆で文字を綴るのは、確かな自由が約束された、心と直接結びつく行為であり、それはコンピュータには絶対入り込めない領域だ」など、デジタル社会において表現ツールとしての鉛筆の大いなる可能性についても後半で解説。今、改めて見直すべき鉛筆の底力を感じることができる。そして、読み終わるとふつふつと鉛筆を使いたいという気持ちがわき起こってくる。「鉛筆再デビュー」のためのガイド本だ。

ザ・ペンシル・パーフェクト 文化の象徴”鉛筆”の知られざる物語

cw pencil enterprise キャロライン・ウィーヴァーさんcw pencil enterprise キャロライン・ウィーヴァーさんザ・ペンシル・パーフェクト 文化の象徴”鉛筆”の知られざる物語cw pencil enterprise キャロライン・ウィーヴァーさん

ザ・ペンシル・パーフェクト 文化の象徴”鉛筆”の知られざる物語


2019.11.27

次回コラム予告

CATEGORY / ニュース

プラチナ万年筆 プロシオン
「頼りになるカジュアル万年筆」プラチナ万年筆 プロシオン


2019.11.20

デルフォニックス 渋谷

CATEGORY / おすすめショップ

デルフォニックス 渋谷パルコ

2019年11月22日にオープンする渋谷パルコ。その内覧会に行ってきました。目的は4Fにある「DELFONICS」。もともと渋谷パルコのB1Fには「Smith」1号店があり、私もよく買い物や併設ギャラリーを見に行ったものです。今回の「DELFONICS 渋谷」は、これまでの「Smith」や「DELFONICS」ともひと味違うショップになっていました。

デルフォニックス 渋谷パルコ

白を基調にした広々とした空間。そこにカラフルなステーショナリーを中心に様々なデザインプロダクトが適度な余白の中で並んでいます。はじめて見る海外ステーショナリーも多く、デザインプロダクトもさらに充実している印象。そうした中においても全体としてのDELFONICSらしさがしっかりと感じられました。たぶんそれはビシッとした基準でセレクトされているからなのでしょう。カラーもデザインも色々ですが、なにか統一感があります。私はこんな風に感じました。DELFONICSを代表するノート「ロルバーン」を机のポンと置いて、それと共に並べるとすっかりと馴染むプロダクトばかりなんですね。ガラスのオブジェであったり、ブリーフケース、クロック、ライト、バッグなどジャンルやブランドが違ってもなにか同じ雰囲気が漂っているのを強く感じました。

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコDELFONICS 渋谷限定の「ロルバーン」

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

数ある商品の中で特に私が注目したのは、ぺんてるのP200シリーズのシャープペン。今私が最も信頼を寄せている筆記具です。そのDELFONICSコラボバージョンです。オレンジ、グレー、ライトグレーの3色。基本は0.5mm芯ですが、ライトグレーは0.3mm、グレーは0.7mm、オレンジは0.9mmがラインナップ。個人的には普段愛用している0.7mmがうれしいです。もちろん3色とも買いました。しかも450円+Taxというリーズナブルプライス。

デルフォニックス 渋谷パルコ

デルフォニックス 渋谷パルコ

DELFONICS 渋谷 特設サイト


2019.11.13

次回コラム予告

CATEGORY / ニュース

鉛筆キャップ
「鉛筆を大人っぽくするキャップ」鉛筆キャップ


2019.10.30

次回コラム予告

CATEGORY / ニュース

パーカージョッター シャープペン
「サッと書くためのシャープペン」パーカー ジョッター シャープペン


2019.10.16

文具は別腹@吉祥寺ロフト

CATEGORY / イベント

ロフトさんのアプリで連載しているコラム「文具は別腹」。そこで紹介アイテムをほぼフルラインナップしたコーナーが吉祥寺ロフトさんで展開されています。*2019年10月31日まで

文具は別腹 吉祥寺ロフト

文具は別腹 吉祥寺ロフト

文具は別腹 吉祥寺ロフト

文具は別腹 吉祥寺ロフト

文具は別腹 吉祥寺ロフト

文具は別腹 吉祥寺ロフト


MEMO

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

過去のブログはこちら

http://blog.livedoor.jp/tttk5jp/