2018.05.26

インディ系ステーショナリーショップ「アイデアスイッチ」

CATEGORY / おすすめショップ

先日、講演の仕事があり福岡へ行った。福岡に行ったら訪ねてみようと思っていたインディ系ステーショナリーショップがあった。「インディ系ステーショナリーショップ」とは、あくまで私が勝手に名付けているカテゴリーで、つまり、我が道を行くという個性的なショップであり、オーナーのこだわりがお店の隅々まで充満しているというものだ。今回、訪ねたのは「アイデアスイッチ」というショップ。

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

その日は、15:00の飛行機で帰ることになっていたので、あまり時間がなかった。調べると開店時間は13:00から。あまりゆっくりと見られないかもと心配していたら、今回同行してくださった方が、事前にお店にお話いただき特別に開店時間を早めていただけることになった。ありがたい限りだ。行ってみると「午前中は貸し切り」という看板が出ていた。なんと私のためにお店を貸し切りにしていただいたのだ。まるでマイケル・ジャクソンにもでもなったみたいだ。(マイケル氏は東京ディズニーランドを貸し切りしたということがあるので)

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

ご厚意に甘えてタップリと楽しませていただいた。2015年にオープンしたという「アイデアスイッチ」。人と人が出会うことで化学反応が起きて何かが生まれるという思いを込めてこの店名にしたそうだ。ご自身でも工作など手をせっせと動かして作るのが好きだというオーナーの野村もえみさん。お店のコンセプトを「つかうとつくる文具店」としている。店内には、工作できるスペースや道具が揃っていて、ちょっとマニアックな工作文具なども販売されている。

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

窓側に用意された工作コーナーからクルリと振り返ると、50歳の私が小学生の子供に返って、思わず目をキラキラと輝かせてしまう、そんなこだわりの文具所狭しと並んでいる。ひとつひとつのペンには、黒い紙を使ったPOPが添えられており、それが何のためのものであるのか、どう使うと便利であるかが説明されている。先ほどの工作コーナーはコンセプトのひとつ「つくる」が実践され、こちらは「つかう」がしっかりと提案されていた。

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

「アイデアスイッチ」さんでは、オリジナルサービスを行っている。「ストックペーパーノート」というものだ。これは、買ってはみたものの使い切れず家で死蔵してしまっている数々の紙を小さなリングノートにしてくれるというものだ。好きな紙でオリジナルリングノートを作るというサービスはよくあるが、紙を持ち込むというのは面白いと思った。紙を使い切れずに死蔵させている方にはうれしいサービスだ。どんなノートにするかにもよるが、大体1,000円〜くらいで一冊できるそうだ。

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

1時間ほどタップリと店内を満喫して、色々と買い物をさせていただいた。福岡に行く際はまた訪ねてみようと思う。

アイデアスイッチ

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ

福岡 インディ系ステーショナリーショップ アイデアスイッチ今回私が買ったものです。乳白色の鉛筆キャップはコヒノール製。はじめて見ました。

MEMO

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH
2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

過去のブログはこちら

http://blog.livedoor.jp/tttk5jp/