2006.01.10(97)

「メカニカルなシャープペン」

オート

スーパープロメカ シャープペン

オート スーパープロメカ シャープペン

そもそも、シャープペンを英語では「メカニカル ペンシル」と言う。カチカチとノックをすると律儀に芯が出てくるその仕組みにはいくつかのパーツが使われていて、それがうまい具合にかみ合っている。

このオートのスーパープロメカは、シャープペンの本来の機能がメカニカルということだけでなくそれ以外にも、とてもメカニカルな感じがするものなのである。そう思わせる最大の要因は、グリップの両端に大小2つのネジが見えているからだ。

オート スーパープロメカ シャープペン

このネジの見せ方がなんともいい。ネジを丸出しにするのではなく、本来は隠しておくものなんですけど、無理して開けたんです、、、みたいな、微妙な見せ方になっている。

オート スーパープロメカ シャープペン

■ 2つのネジで自分好みに調整

こうなると、私としてはそのネジを回さずにはいられない。この2つのネジは、全く別々の役割がある。まず、グリップの根元側のちょっと大きなネジから見てみよう。指先に神経を集中させて、それをグリグリとネジってみるとネジの位置がペン先側への少しずつ移動していく。

オート スーパープロメカ シャープペン

実はこれ、カチッとノックした時の芯の出具合を調整するものなのだ。以前、ご紹介したステッドラーREGと同じ機構だ。ネジの位置がペン先側に行くに従い出てくる芯の長さは短くなる。私の感覚では、ネジがペン先に行けば芯は長くなるという方がわかりやすいように思うのだが。。。0~2mmの間で自分の好みに合わせてに設定が可能だ。

もうひとつのペン先側にあるネジはと言うと、こちらは、芯をホールドしているガイドパイプの長さを調整できる。

オート スーパープロメカ シャープペン

ガイドパイプが調整できて、何がいいかと言うと、まずなんといっても、楽しいではないか。最高で4mmまで伸ばせるのだが、そこまで伸ばすと、なんともプロっぽく見える。さらに、筆記する時の視界が多少よくなるという利点もある。小さな文字を書くという方にはいいかもしれない。

オート スーパープロメカ シャープペン

オート スーパープロメカ シャープペン

また、定規で線を引くときに、その定規の厚みに合わせてガイドパイプを調整すれば、スムーズに線を引くことだってできる。いろんな厚みの定規をお持ちの方には、これまたいいかもしれない。となんだかんだと言っても、とにかく調整できるということそのものが楽しいと私は思う。

このネジを回すには、ひとつ注意が必要。通常のままではロックが効いていて、ネジを回すことができない。そのロックを解除するには、ガイドパイプをいったん収納する必要がある。グリップをグリグリと回転させると、それにあわせてガイドパイプが収納されていく。

オート スーパープロメカ シャープペン

オート スーパープロメカ シャープペン

収納されると、ここでようやくネジが回せるのだ。こちらは、回したネジが先端に行くほどガイドパイプが長くなるというもの。先ほどの芯の送り出しの時とは、逆の仕組みになっているのでご注意されたし。使い勝手という点から言うと、ちょっと慣れが必要かも知れない。

また、このガイドパイプの収納について携帯時のガイドパイプの保護という面からも役に立つ。ガイドパイプはとてもデリケートなパーツなので落としたり、ぶつけたりして曲がってしまったら台無しになってしまう。さらに、先の尖ったガイドパイプはシャツのポケットにさす時に、ポケットの底に穴を開けてしまいかねないので、こうして収納できるのは意外と助かる。

■ 大きなグリップで超低重心

もうひとつだけ、どうしても触れておきたいことがある。それは、あまりにも大きいグリップだ。

オート スーパープロメカ シャープペン

手にしてみるとわかるのだが、これは低重心といういつも私が使っている言葉では済まされないほどの超低重心になっている。ペンのどこを持とうが、常にペン先が下にいってしまうほどの大きさと重みを持ち合わせている。とはいっても全体の重量が26gなので、見た目ほど重過ぎるという感じはしない。

芯の長さだけでなくガイドパイプの長さまでも調整できるシャープペン。自由に調整出来て、自分にピタリとあった状態で書ける訳だが、このペンの良さは、そうした便利さよりもむしろ

メカニカル感あふれる小さなネジをグリグリと回転させて調整する作業そのものが純粋に楽しいと感じられる、そんなペンだと思う。

オート スーパープロメカ シャープペン

□今回ご紹介したものとは、ちょっと違いますが、「オート プロメカ スーパープロメカ1500Pシャープ 」というタイプは、こちらで販売されています。

*関連リンク
■「芯の出具合いを調整できるシャープペン」ステッドラー REG
■「メカニカルな多機能ペン」プラチナ万年筆ダブル3アクションポケット
■「お手頃な本格シャープペン」ロットリング500