2005.01.18(60)

「大きなクリップのペン」

ロットリング

クリッパー ボールペン 

ロットリング クリッパー ボールペン

最近、大型のクリップが付いたペンをよく見かける。巷では、かなり流行っているようだ。中には、大きなクリップがメインで、ついでにペンが付いていると思えるものもあったりする。さて、今回は、そんなクリップがとても印象的なロットリング クリッパー。

ロットリング クリッパー ボールペン

大きなクリップでありながら、バランスのとれたデザインとなっている。胴軸とクリップの間には、太鼓状の円柱のようなものがあり、トレードマークであるクリップをひときわ目立たせるのに一役をかっている。このクリップ、見た目のデザインだけでなくちゃんと機能が備わっていて、 本来の挟むという機能以外にペン先を収納するという役割もある。

■ クリップを引き上げるとペン先が引っ込む

いわゆるノック式のペンなので、ペン先はノックをすると出てくる。もう一回ノックをすれば、当然引っ込む。さらに、このクリッパーはクリップをひろげると、ペン先がカシャっと引っ込む。

ロットリング クリッパー ボールペン

はじめこのクリップを使ったペン先の収納機能はたいしたものではないと軽く考えていた。しかし、使い続けていると、これがとてもよくできた仕組みであることに気づかされた。

私は日ごろペンをシャツの胸ポケットにさしている。かなりそそっかしい性格のため、ペン先を出したままの状態で胸ポケットに入れてしまうことがたまにあり、シャツのポケットをインクで汚してしまうこともあった。このクリッパーはそんな間違いを防いでくれるのである。

それは、どういうことかというと書き終わって、ペンを胸ポケットにしまう時に、先ほどクリップ機能でペン先がカシャっと収納される。胸ポケットにペンを差す時には、クリップをひろげてさす訳だがクリップをひろげると同時にペン先が引っ込むという実に合理的な仕掛け。ペンとシャツの組み合わせを愉しむ私としては大変ありがたい機能だ。

ロットリング クリッパー ボールペン

実は、このクリッパー先ごろ日本のカタログから姿を消してしまったという。まったくもって残念な話だ。シャツにやさしいペンとして、大事に使っていこうと思う。

*関連コラム
■「お手頃価格の本格シャープペン」ロットリング500
■「存在感のあるペン」ロットリング CORE
■「バウハウス的なペン」 トンボ鉛筆 PFit(ピーフィット)