2006.03.14(102)

「蛍光マーカーも飛び出すペン」

ラミー

ピックアップ マネージャー

ラミー ピックアップ マネージャー

何色ものボールペンを1本から繰り出す多色ボールペンに対して種類の違ったペンを1本にまとめた多機能ペン。その多くは、ボールペンとシャープペンの組み合わせがほとんどだ。このラミー ピックアップ マネージャー、ボールペンと蛍光マーカーを1本にまとめたちょっとユニークなものになっている。

ラミー ピックアップ マネージャー

蛍光マーカーは、たくさんの情報の中から重要な部分だけを目立たせてくれるという実用性は誰もが認めるところだが、デザインのよいものとなると、あまり選択肢がない。そんなこともあって、机の引き出しにはしっかりと入っているもののいつも持ち歩くというペンでは残念ながらないように思う。

このラミー ピックアップはちょっと見ただけでは蛍光マーカーが入っているとは到底思えない。多機能ペンにありがちな仰々しさが感じられない静かな佇まいをしている。マットなメタルボディに鏡面仕上げのクリップが映えている。

ラミー ピックアップ マネージャー

■ ボディ中央の黄色のボタンを押す

では、どうやって蛍光マーカーを出すかと言えば、ボディの中央にはこれ見よがしに黄色のマークが意味深に付いている。こういうものを見せられると、人間の心理として、ついつい触ってみたくなるもの。そこを軽く押してみると、パコッという小さな音と共に、ペンのトップ部分が5mmほど飛び出す。これを引き抜いてあげれば、ふつうの半分くらいしかない蛍光マーカーが出てくる。

ラミー ピックアップ マネージャー

とても短い蛍光マーカーだが、グリップの両側はスパッとカットされてフラットになっているので、そこをつまむように持てば、短いなりにしっかりと握れる。そもそも蛍光マーカーはふつうのペンと違って、そんなに長時間使い続けるものではなく、必要なところをさっと塗るのがほとんどなので、これくらいの短さでも十分いける。

なお、先ほどの蛍光マーカーを飛び出させるボタンは結構繊細で、ちょと触っただけでも飛び出してしまうことがある。でも、飛び出したマーカーはロックが効いていてペンを逆さまにしても、振っても外れないようになっている。

■ ボールペンはツイスト式

多機能ペンのもうひとつの機能であるボールペンはボディをツイストすると現れてくる。あまりにも何気なく、そのボールペンが現れるのでついつい見過ごしてしまいがちだが、この部分、結構苦労して作られていると私はみている。なので、ここはしっかりと触れておきたい。

と言うのも、先ほどの蛍光マーカーを収納するためボディの6割近くがすでに使われてしまっている。ボールペンとしては、「使う頻度がボールペンの私の方が断然多いのだから、もっとスペースをよこせ!」

一方の蛍光マーカーも負けじと、「いやいや、今回の多機能ペンは蛍光マーカーの私が加わったことにこそ意味があるのだから、むしろ私の方が主役だ!」といった、激しい勢力争いが行われたかどうかはわからないが、結果として、ボールペンが一歩譲ったところで収まっている。

ということで、4割程度という大変限られた空間の中でツイスト式ボールペンを実現させている。限られたスペースには当然小さなリフィルが必要となるので、ラミーピコにも採用されているM22と呼ばれるコンパクトタイプが使われている。

■ ボールペンのペン先は繰り出さない

そして、ボディをツイストすると、ふつうのボールペンと同じようにボールペンが繰り出されると思いきや、実は違うのだ。

ラミー ピックアップ マネージャー

ペン先をガードしている部分がツイストするたび出たり入ったりしている。つまり、ボールペンのペン先自体は動いていないという訳なのだ。

ラミー ピックアップ マネージャー

蛍光マーカーのようにボタンを押すと飛び出すという派手なギミックこそないが、ボールペンもなかなか、がんばっているではないかと、思ってしまう。ボディの4割くらいしかスペースがないからと言って、「えーい、キャップ式にしてしまえー」と安易な方法をとらずに、しっかりと使い勝手を考えて作りこんでいるところがさすがラミーだと思う。

ペンという限られた空間を余すところなく使い切ったこれまでとは一味違う多機能ペン、ボールペンと蛍光マーカーを仲良く使ってあげようと思う。

*関連コラム
■「カチカチ音をたてない4色ボールペン」ラミー2000 4色ボールペン
■「がしがし使えるカジュアル万年筆」ラミー サファリ 万年筆
■「ウェアラブル ペン」ラミーピコ クローム