2004.10.26(49)

「音をたてない4色ボールペン」

ラミー

ラミー2000 4色ボールペン

ラミー2000 4色ボールペン

本屋さんに行くと、3色ボールペンを使った情報の活用術といった本を最近よく見かける。巷では結構流行っているようだ。先日、とある方からこんなご依頼をいただいた。3色ボールペンを探しているのだが、永く使えて、デザインのよいものはないだろうか。

その方によると、数百円のものではなく、ある程度高級感があるものが欲しいとのことだった。早速、国内外のものを探してみたが、これが意外と少ない。シャープペンとボールペンの多機能ペンなら結構あるのだが多色ボールペンとなると、とたんに選択肢が少なくなってしまう。

そんな中で、自分の所有しているペンをいろいろと掘りおこしてみたらいいものがあった。ラミー2000 4色ボールペン。早速、その方にお勧めすることにした。私も4年ほど前から愛用している。

■ 時代を超越したデザイン

ラミー2000 4色ボールペン

ラミー2000の発売はなんと1966年までさかのぼる。私よりも、1才年上ということになる。かなりのロングセラーだ。私が生まれた頃にすでに、こんな素敵ペンがあったとは、ラミー社のデザインの底力を感じざるを得ない。バウハウスの影響を受けたデザイナー、ゲルト・ハルト・ミュラーによるデザイン。商品名の2000は、2000年になってもデザイン的に色あせないものをという意味がこめられているという。

1966年当時、ミュラー氏の頭の中には2000年はどのように映っていたのだろうか。まさに2000年を超えた今も、そのデザインは色褪せることなくさらに輝きを増している。今なおモデルチェンジの必要など微塵も感じさせないデザインは賞賛に値する。

ボディは、緩やかな樽型をしている。まるで木炭のようなざらざらとした質感で、握ってみると、手によく馴染む。

ラミー2000 4色ボールペン

なんと、その材質にはプラスチックが使われている。ラミースクリブルでも感じたことだが、ラミー社は材質の使い方がとてもうまいと思う。特に、今回のようにプラスチックを使いながらも見た目にそう見せない術に大変長けている。ペン先、クリップ、ノックボタンにはつや消し加工されたステンレスパーツが使われている。黒のボディにこの銀色がとても映える。

■ インデックスを上にしてノック

多色ボールペンは、それぞれの色の芯を出すための色分けされたノックが付いていることが多い。しかし、このラミー2000は単色のボールペンの様にノックボタンが1つあるだけ。では、どうやって4色の芯を出すのかというとノックボタンのすぐ下には緑、青、赤のマークが付いている。そのマークを上側にして、ノックを押すとその色が出てくる仕組み。

ラミー2000 4色ボールペン

なお、黒のマークは見当たらないが、クリップを上側にすれば黒の芯がちゃんと出てくる。説明書いらずの使いやすさ、とでも言おうか、こうした、直感的に使える仕組みはドイツならではといつも感心してしまう。各色の芯の先には色が付けらているので今、何色の芯がでているかがすぐわかるようになっている。

■ シャリッという静かな音

ラミー2000 4色ボールペン

多色ボールペンの多くは、色を変える時「カチッ」と音が出るタイプが多い。一方、ラミー2000はとても静かだ。ノックすると「シャリ...」と控えめな音がする。音が出て気にならない時と、すごく気になる時がある。ちょっと静かめの会議や、寝息が聞こえてきそうな授業中などカチカチとやるのがちょっとためらわれる。そんな時でも、静かなラミー2000なら気兼ねなく多色書きが楽しめる。

私は、4色をこんな風に使い分けている。黒は会社の仕事用にグリーンはブログやウェブサイトのメモに青はプライベートに赤は緊急の要件に。いつも専用のノートを持ち歩くわけにはいかないので、思いついたときに、ジャンルごとの色でまずは書き留めておく。そして、 その思いつきをそのまま眠らせてしまうのではなくしかるべき場所に保存するかまたは破棄する。

情報を整理するときに、こうして自分なりに色分けしておけば、一目瞭然で、とてもわかりやすい。色分け効果は情報の整理のしやすさだけではなく、カラフルな色で楽しい気分にさせてくれる効果もあったりする。

このペンを使えば、日々の生活にも彩りを与えてくれそうなそんな感じがする。

■ 追記
その昔、愛用していたBRAUNのシェーバーとラミー2000を並べてみました。やっぱりなんとなく同じ哲学というのが感じられますね。

ラミー2000 4色ボールペン BRAUNシェーバー

ちなみに、このシェーバーはラミー2000のデザイナーとは違うと思います。

* ラミー2000 4色ボールペン 12,000円+Tax

*関連コラム
■「使うほどにわかる計算しつくされたデザイン」ラミー2000 ペンシル
■「ようやく手に入れたラミー2000 万年筆」
■「気分をあわせて、グリップを着替える」ラミー アクセント 万年筆