2006.02.21(100)

「コンパクトな万年筆」

ヴァルドマン

ポケット

ヴァルドマン ポケット 万年筆

一般的に小さいというと、かわいらしいというイメージがあるが、同じ小ささを表現するにもコンパクトという言葉にはかわいらしさよりも、しっかり感みたいなものが感じられる。最近、各ペンブランドにおいて、なりは小さくともしっかりとした機能性があるコンパクトなペンが結構出されている。今回はその中から、ヴァルドマンのポケットを取り上げてみたい。

■ 小さくとも本格派

ヴァルドマン ポケット 万年筆

まるで、もともとあった万年筆を90%縮小コピーしたような本格万年筆然としたフォルムをしている。

ヴァルドマン ポケット 万年筆

長さにして12.5cm。私の持っているペンの長さを色々と測ってみたら13cm前後のものが比較的多かった。と言うことは、12.5cmのヴァルドマンポケットと1cmくらいしか変わらないことになる。実測値よりも、見た目の印象のほうがずっと小さく感じる。

わずか1cm程度の違いが、ペンの長さにおいては意外と大きく作用しているようだ。これは、きっとペンの一般的な長さというものが知らず知らずのうちにイメージとして自分の頭に埋め込まれていて、それよりも少しでも短いと違和感を感じているのかもしれないキャップをカチッと引っ張ってはずすと、その小ささがさらに強調される。

ヴァルドマン ポケット 万年筆

この状態で握ってみると親指とひとさし指の付け根にペンの尻軸が届くかどうかという大変微妙な筆記を強いられる。

ヴァルドマン ポケット 万年筆

キャップを尻軸にセットすれば、いっきょに最適なバランスを手中に収められる。この時の軸を持つ位置はペンが用意してくれているグリップでも書けないこともないが、ペン先を結構立てる格好になってしまう。

ヴァルドマン ポケット 万年筆

もう少し上を握ってみると、ペン先を程よく寝かせることができる。これくらいペン先を寝かせて方が万年筆らしい書き味を楽しむことができる。

■ ボディにはスターリングシルバーが使われている

ヴァルドマン ポケット 万年筆

クリップ、トップ(天ビス)などの小さなパーツは真鍮のロジウムメッキになっている。暗いところがあって、はじめて明るいところが際立つように、所々にメッキがあることで、スターリングシルバーの暖かみある白っぽい輝きが強調されているように見える。

なお、スターリングシルバーにはロジウムコートはされていない。なので、銀の良くも悪くも特徴である黒ずみは、じきに現れてくることとなる。黒ずんだら、専用のクロスで磨いてあげれば、ある程度の輝きは取り戻せるので、考えようによっては、2種類風合いを楽しめる。ちなみに、シルバーは使わずにしまっていると、黒ずみが出来てくるが、頻繁に使っていれば、それほど黒ずみは出てこないそうだ。

ボディの銀色に合わせるかのように、ペン先も銀色をしている。そのペン先には、ステンレスが使われている。刻印を目を凝らしてみてみると、「シュミット」とあった。

ヴァルドマン ポケット 万年筆

万年筆のペン先をはじめ、ボールペンのリフィルなどを手がけているドイツメーカーだ。書き味は、ステンレスのペン先ということで、多少堅めな感じもするが、私は筆圧が比較的弱めなので、さほど気になる事もなかった。

ヴァルドマン ポケット 万年筆

インクはカートリッジのみで、コンバーターは使用できない。カートリッジのサイズは一般的な小型のサイズになっている。コンパクトなボディのため、収容できるカートリッジは1本のみ。当然、予備カートリッジを収納することはできない。

ヴァルドマン ポケット 万年筆

比較的よく見かけるタイプのカートリッジだったので、試しに、自分の持っている他のブランドのカートリッジもセットしてみた。モンブラン、カランダッシュ、ロットリングは難なくセットすることができた。メーカー不明だったが、私の持っている中でひとつだけセットできないものがあった。形状を比較してみると、先端の形が違っていた。

ヴァルドマン ポケット 万年筆

【上から カランダッシュ、ロットリング、モンブラン】

あくまでも、上記のブランドしか試していないがどうやら、先端に段差がないものはセットできないようだ。他のブランドを含めても様々なカラーのカートリッジがあるので、いろいろと楽しむことができそうだ。コンパクトな万年筆ということで、小さな手帳などと一緒に使いってもいいし、ポケットにさして、普段使いの1本として使うのもいいと思う。

よく「大は小を兼ねる」と言うが、こういうコンパクトながらも本格派の「小」ならば十分「大」としても兼ねられるように思う。

ヴァルドマン ポケット 万年筆

*他ブランドのカートリッジのご使用は、自己責任でお願いいたします。

□ ヴァルドマン 万年筆 ポケットは、こちらで販売されています。

*関連リンク
■「サブ万年筆を持つ」セーラー万年筆 プロフェショナルギア スリムミニ万年筆
■「勝負万年筆」モンブラン マイスターシュテュック146 万年筆
■「よろいをまとった万年筆」カラン ダッシュ アイバンホー