2004.09.21(44)

「イルカのようなペン」

スタビロ

イージーオリジナル

スタビロ イージーオリジナル

ペンの握りやすさへの取り組みはこれまで色々と行われてきた。鉛筆で言えば六角形軸からはじまり、最近よく見かける三角形軸や、ペンも細いものから太いものまで、軸の形状にいたっては使っていない形はないんじゃないかと思えるほど色々なものが作られてきた。

今回は、海外で見つけたスタビロのイージーオリジナル ローラーボールペンをご紹介します。このペン、握りやすさに対する面白い提案をしている。

■ ボディがくねっと曲がっている

まず、スタイリングがとっても変わっている。何が変わっているって、ペン軸がくねっと曲がっていることである。これにはさすがに驚いた。これまでにない斬新なデザインだ。私にはイルカのように見えてしまうが、見る人によっては、ツボを刺激する棒のように映るかもしれない。実際、そういう用途にも使えそうだ。

スタビロ イージーオリジナル

ボディの素材は樹脂製で、グリップ部分だけはラバーになっている。そこには、まるで彫刻のように深く彫り込まれた2つの跡ある。

スタビロ イージーオリジナル

ペン軸がこんなに曲がっていて、グリップもえぐれていて、はたして、ちゃんと書けるのだろうか、と少々不安になったが、握ってみると、その彫られた部分が親指と人差し指がちょうど収まるようになっている。くねっと曲がったペン軸は、握った時に手の甲を覆いかぶさるようにフィットする。見た目の派手さとは裏腹に意外と、握りやすい。手とペンがまるで一体化しような感じがする。

スタビロ イージーオリジナル

実は、このペン右利き用と左利き用が別に用意されている。グリップのけずり具合が違っている。左利き用の万年筆や、はさみは聞いたことがあるが、こういう一般的なペンでは珍しいかも知れない。キャップをネジってはずすと、水性ボールのペン先が現われる。はずしたキャップはペン軸の後ろ側にカチッと固定できる。

こだわったのはデザインだけではありませんとばかりに書き味もたっぷりとインクが出て、サラサラと書けて大変気持ちが良い。

スタビロ イージーオリジナル

インクはカートリッジ方式が採用されているのでカートリッジを替えれば、末永く使用できる。予め、カートリッジは3本も付属されているのがうれしい。

スタビロ イージーオリジナル

スタビロの最近のマイブームかもしれないが、この イージーオリジナル ローラーボールペンもカプセル型のパッケージに入っている。

ペンのスタイリングを訴求するという点では、良いと思うが、一方で、パッケージに入ったペンというのは、試し書きができないという難点にもなるので、ユーザーの側からすると手放しでは喜べない気もする。

スタビロ イージーオリジナル

私はこのイージーオリジナル ローラーボールペンを仕事場でがしがしと使っている。会議に持ち出せば、他の出席者にじろじろと見られる。クリップは付いていないので、携帯性が悪いと当初は思っていたけどズボンの前ポケットに入れれば大丈夫。と言うのも、ペン軸の曲がり具合が太ももになんとも絶妙にフィットする。

会社の同僚に「どう、欲しいでしょ?」と聞けば、「いらない」とそっけない返事が返ってくる。「みんな分かってないな、この良さが。」と心の中でつぶやく。一方、会社の中では、変わった文具をいっぱい持っている人という評判が立っているらしい。

* スタビロ イージーオリジナル ローラーボールペン 450円+Tax

*関連コラム
■「カジュアル万年筆」ラミー サファリ万年筆
■「子供用万年筆」ペリカン ペリカノジュニア