2022.05.10(506)

「ふだん使いできるカラー輪ゴム」

共和

オーバンド シルバー缶

共和 輪ゴム オーバンド シルバー缶

かねてよりEPバンドを使ってきた。これはいわばちょっとオシャレな輪ゴムだ。幅広なブラックのバンドは結束した時にシンプルな佇まいがある。手帳や紙類など色々なものを束ねておくのに便利に使ってきた。ただ、入っている数量がそれほど多くない。しかもお値段も少々お高め。気軽にじゃんじゃん使うのが躊躇われ、とっておきのバンドという位置付けが私の中に確立されつつあった。

こうしたシンプルなブラックのバンドをもっと気軽に使えないものかと、パソコンに「黒 輪ゴム」と検索してみると、ふつうにこれが出てきた。しかも輪ゴムブランドの共和の「オーバンド」ではないか。前のめりになりポチリと注文した。

■ コンパクトな缶ケース

共和 輪ゴム オーバンド シルバー缶

トラックに揺られ翌日には届いた。箱を開けると、思っていたよりも小さな缶ケースが出てきた。手のひらに楽々のるくらいの小ささだ。シルバーながら子供の頃から見慣れたあの「オーバンド」のパッケージデザインになっている。中にはわんさと輪ゴムが詰まっている。バンドのサイズは内径3.8mm。これはごく一般的な輪ゴムのサイズだ。今回はブラックの他、ホワイトも入手した。この他、ブルー、ピンク、グリーンなどいろいろなカラーもあった。バンドは本数ではなく、30gという重さの分だけ入っている。私が望む気兼ねなくじゃんじゃん使っていける十分な量だ。

共和 輪ゴム オーバンド シルバー缶

■ 使い方いろいろ

このブラック&ホワイトバンド、身の回りの文具などを束ねるのに早速使ってみた。たとえば、こんな感じで。

共和 輪ゴム オーバンド シルバー缶
名刺を束ねる。輪ゴムが黒や白になっただけで、見た目はとてもスッキリとした印象になる。

共和 輪ゴム オーバンド シルバー缶
残っている情報カードの予備を

共和 輪ゴム オーバンド シルバー缶
鉛筆を硬度別やブランド別にまとめる。こうしておくと探しやすくなる。

共和 輪ゴム オーバンド シルバー缶
スマホコードなどの結束。これで引き出しから取り出すときに数珠つなぎになることもないだろう。

共和 輪ゴム オーバンド シルバー缶
書き終わったハンディピックをひとまとめ。これから使うものとの区別がつく。

共和 輪ゴム オーバンド シルバー缶
引き出しの中の一筆せん

共和 輪ゴム オーバンド シルバー缶
バラバラになったカートリッジインク、そしてシャープペンの芯を入れている小さな試験管にもピッタリ



クルッと束ねるだけで身の回りがすっきり片付いていく。輪ゴムはシンプルなファイルングツールだ。

共和 輪ゴム オーバンド シルバー缶

共和 オーバンド シルバー缶

関連コラム
「プラスアルファのある輪ゴム」E.P BANDS
「芯交換が待ち遠しくなる」小さな試験管
「仮のプロフェッショナル」スリーエムジャパン ドラフティングテープ