2008.03.18(151)

「メカニカルな手帳」

X47

X47 手帳

先般のペーパーワールドレポートでご紹介した「X17」という手帳。これはノートの背にゴムバンドがついていて、それをカバーに引っかけてバインディングするというユニークなものだ。

X17 手帳

X17 手帳

■ リングの綴じ穴で筆記スペースを狭くしたくない

そもそもこの商品は、システム手帳など、リングを使ったバインディングシステムに以前から不満を感じていた人たちによって作られた。リングがあることで、分厚くなってしまい、にも関わらずリングの綴じ穴の分だけ筆記スペースが少なくなってしまう。さらには、書くときにもそのリングが手にあたって邪魔になるというのが、彼らの主張だ。

X47 手帳

ならば、リングに頼らない画期的なバインディングシステムを自分たちで作ってしまえとばかりにゴムバンド式のX17を作り出したといういきさつがある。彼らのリングバインダーへの不満はとどまるところを知らないようで、さらにハイエンドタイプまで用意されていた。

X47 手帳

それが、「X47」というものだ。このバンディングシステム、ちょっと驚きである。外観は、ハイクラスらしく高級感のある牛革のカバーになっている。

X47 手帳

ソフトなタッチと程よいコシを併せ持つ上質感がある。私が今回サンプルとして頂いたものはA6サイズ。このほか、A5、A7もある。横から見ると、リングがないので、当然スリムになっている。

X47 手帳

表紙を開けると、これまで見たことのない光景を目の当たりにすることになる。なんと、ノートが細い鉄のバーで綴じ込まれているのだ。

X47 手帳

そのパーツ、どこかで見たことがあるような・・・。

X47 手帳

X47 手帳

そう、これは腕時計のバンドをとめるパーツだ。「スプリングバー バインディングシステム」と呼ばれるそのパーツは、本場スイスで高級時計ブランドでも採用されているメーカーによるものだと言う。

■ 付け外しは簡単

時計のバンドを一度でも自分で交換したことのある方ならおわかりだと思うが、これが結構大変。「ネジ棒はずし」という専用工具で慎重に行わなければならない。

しかし、これはそうした工具は不要。ノートを持って、ちょっとだけ上にスライドして上げれば、簡単にはずすことができる。

X47 手帳

X47 手帳

はずしたノートには、背の部分に筒状のパーツが付きっぱなしになっている。

X47 手帳

指でパーツを引っ張って剥がれないかやってみたが、がっちりと固定されていた。これは一体どうやって作っているのかと社長とおぼしき方に尋ねてみると、企業秘密とのことで教えてもらえなかった。綴じ込み部分を見てみると、ノートを綴じているのとは別に上下に先ほどのバーを固定していると思われる綴じパーツがあった。

X47 手帳

X47 手帳

どうやら、これでとめているようだ。気になるのは、このバンディングシステム、使っている中で、ノートが外れてしまうことはないのかということ。そこのところを聞いてみると、、「カモーン、このバインディングパーツはスイス製だゼ!」と自信たっぷりの返事が返ってきた。

確かに、時計のバンドが外れてしまったという話は聞いたことがない。ノートをバインドする時は、先ほどの逆の要領でノートの背の筒をまず上側に差し込み、そのまま上にスライドさせて、下側をセットしてあげればいい。

この時気づいたのだが、このスライドする長さが時計のとめ具よりもたっぷりとってあるようだ。実際、ちょっと乱暴に扱ってみても、はずれることはなかたった。

X47 手帳

一冊のカバーに綴じこめるノートは最大で3冊まで。綴じるためのパーツはノートの背にあるので、カバーにセットした状態でノートを広げても、紙面が綴じ具で邪魔されることはない。複数冊のノートがバンディングでき、しかもこうして紙面をたっぷり使えることこそ、このX47の最大のセールスポイントである。

ノートの種類は「X17」と同じように無地、横罫、方眼、五線譜などたくさん揃っている。中でも方眼は、2.5mm角というユニークなスタイル。

X47 手帳

ユニークと言えば、スケジュール帳にも興味深いものがあった。

それは、デイリータイプというか、厳密に言えばハーフデイリーと呼ぶべきものだ。一般的な時間軸ではなく、時計のような丸いスタイルになっている。

X47 手帳

一周12時間なので、1ページで半日分の予定が書き込める。はじめは取っつきにくいかも知れないが、長年見続けている時計スタイルなので、すぐに慣れるだろう。これがいいのは、特に、自分が一日何をやるのか、あるいはやってきたのかという時間配分を視覚的に理解することが出来ることだ。ぜひ一度使ってみたい。

複数のノートが納められるということで、カバーの側にはしおりが2本付いている。

X47 手帳

また、カバーにある面白い工夫があった。それは、ペンホルダーの位置。

X47 手帳

システム手帳などでは、カバーを開いた右や左など両サイドに付いているものだ。しかし、今回のものは、そうした所ではなく、カバーを開いた右上にペンを横にさせるようなスタイルになっている。

X47 手帳

せっかくリングを使わず快適な筆記ができるようになったのに、この期に及んでペンホルダーに邪魔されてなるものか、と言うことなのだろう。時計バンドのスプリングバーを使うというメカニカル感あふれるバンディングシステム。

リフィル側にバーがあるので、リフィルのコストが高いということはあるかもしれないが、これは面白いシステムだと思う。

□ 各種X47は、こちらで販売されています。

*関連コラム
■「ペーパーワールド2008 レポート」
■「ノートとバインダーの中間的存在」SUPER BINDING NOTEBOOK
■「破かずに抜き差しできるノート」ATOMA  PPカバーノートA5