2010.05.04(204)

「まさに弾丸スタイルなペン」

フィッシャー 

375 ブレット

フィッシャー375 ブレット

私はこういうものにめっぽう弱いんです。エアガンあたりも私は4丁も持っていたりたします。エアガンなんかは、日々の生活で使うというものでは決してないのだが、この手のものを見ると、とにかく、一度手にしてみたい、手の中に収めてギュッと握りしめたいという衝動を抑えることができなくなってしまうタチ。そう、この場合は「使う」というよりも「手にしたい」、「手にして満足感を味わいたい」などと思ってしまう。

いつもペンを買うときは、こんな場面で、こういう風に使おうなんて私なりに綿密な計画を立てたりするが、このフィッシャー375ブレットの場合は、そうしたことをちょっと横に置いて本能のままに買ってしまった。ま、たまにはこういうことがあってもいいでしょう。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

フィッシャーには、そもそも「ブレット」というタイプがある。それはクロームメタルで両側が弾丸の先端のようになっているもの。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

■ 本物の薬きょう

これはこれで弾丸ぽかったけれど、今回の375は弾丸具合がさらにその上を行くものになっている。それもそのはず、本体には本物の薬きょうが使われているのだ。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

これは、H&H社のもので、あのマグナムを作っているメーカーだそうだ。この薬きょうは、ピストルのマグナムのものではなく、ライフルのマグナムの薬きょうらしい。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

薬きょうの裏側には、「H&H 375 R.P MAG 」と刻印されている。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

そんなところにも私は惹かれてしまった。手にすると小さい割りにズシリとくる。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

以前のクロームタイプのブレットよりも明らかに重い。ペンにおける重さは、書く道具としては、あまり相応しいものではないが、このペンに限っては、この重さが、そのまま満足感に直結してしまう。ボディは、真鍮製。これは買ったばかりの新品だが、所々いい具合に黒ずんでいたりする。本体の一番太いところは、薬きょうの根もとの部分で直径が約1.3cm。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

■ 薬きょうがキャップに

これは、ペリカンの M800ぐらいに相当する太さ。そこからペン先に行くに従い、だんだんと細くなり、中央を過ぎたあたりのところで緩やかにガクンとスリムになっている。その先端には、弾丸そっくりなペンがささっている。外してみるとわかるのだが薬きょうのパーツはペンの役割としてはキャップに相当する。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

ペン本体は以前のブレットとほぼ同じようだ。大きく違うのは、グリップ部分にスリット状の刻みがないところ。クロームタイプは、握るとちょっとツルツルして不安定な握り心地になるのでこうした刻み処理が必要だったのだろう。375ブレットは、真鍮のマットな質感なので、このままでも快適に握ることができる。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

この様にペン本体はキャップである薬きょうに差し込んであるだけなのだが、これが結構ピッタリとセットできる。ペンを取り出す際もペン本体をしっかりと引き抜かなければ、そう簡単には外せないようになっている。

このフィット感、ペン本体にあるゴムバンドがその役割を担っている。それにしてもよくまぁ、本物の薬きょうがこんなにもピッタリとあったものだ。筆記する時は、ペンを逆さまにして薬きょうに差し込む。これがまた美しい。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

私はうっとりと見とれてしまった。というのも、以前のブレットではこの時、筆記しやすさを考えてだと思うが、キャップにペンがあまり深々とは入らず結構長めの、それこそちょっとしたレギュラーサイズのペンくらいになっていた。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

375の方は、ペンが薬きょうに深々と入り込み、この状態でも弾丸らしさというものをしっかりと保っている。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

フィッシャー375 ブレット ボールペン

その分結構な短さとなるが、書く上で短かすぎるということは決してない。むしろちょうどいいサイズ感。375は、薬きょう自体に結構な重みがあるので、これくらいのコンパクトさの方が手の中での収まりが良く、コントロールしやすい。ボールペンのリフィルはNASAでも採用されたというフィッシャースペースペン。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

これは、無重力の宇宙でも書けるというものだ。今や、日本人がスペースシャトルに乗って何人も宇宙に行く時代にになったとは言え、一般の私たちにとては、宇宙はまだまだ遠い存在。このスペースペンは、そんな宇宙に行かなくても、上向き筆記でその実力をたっぷりと味わうことができる。

以前に手に入れたブレットにもこのスペースペンのリフィルが入っているので、同じ書き味だろうと思っていたが、比べてみると意外にもちょっと違う感じだった。以前のものは、やや硬めの書き味だったが、今回の375では、少し滑らかさがあり、同じ黒インクでも発色がちょっと濃いように感じられた。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

私の気のせいかもしれないけど。この375ブレットは弾丸スタイルを貫き、クリップを持たない。そのためシャツのポケットなどにさして持ち歩く事は出来ない。

では、どうするか。机に置いて眺めるだけでいいか。いやいやそれでは、面白くない。当初は、手の中で握るだけで満足、なんて言っていたけどこの375ブレットは、れっきとしたペンである。ペンは、普段の生活の場で使ってこそ意味がある。シャツのポケットがダメなら、ズボンのポケットに放り込んでおくのがいいのではないか。ちょっと重いのはたまにキズだけれどポケットに手を入れてこの弾丸フォルムをにぎにぎして楽しむのもいいと思う。

■ トラベラーズノートにピッタリ

また、このワイルドな弾丸フォルムつながりということでトラベラーズノートにセットして、使うのもまたいいかもしれない。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

フィッシャー375 ブレット ボールペン

さすがに、フォーマルなビジネスの場、たとえば、契約の時にこのペンでサインするというのは相手に敵対意識をメラメラと燃やしているようでそぐわないが、自分のためのメモなどには、大いに活用できる。

弾丸のように力強いアイデアが書けるかもしれない。

【オマケ】

クロームボディのペンを薬きょうにセットしてみました。こうしても、なかなか弾丸っぽいですね。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

これを見て思い出したのが、先日から発売されたミドリのブラスペン。(画像下 )

フィッシャー375 ブレット ボールペン

375は、クロームタイプのペンをセットすると、なぜか、深く入らずこんな状態になります。どうやら、微妙に太さがちがうみたいです。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

試しに、375の薬きょうにミドリ ブラスペンの鉛筆部分を入れてみましたが、残念ながらこれはブカブカでした。

フィッシャー375 ブレット ボールペン

□ フィッシャースペースペン 375 ブレットはこちらで手入ります。

*関連コラム
■「宇宙でも書けたボールペン」フィッシャー スペースペン ブレット
■「余韻のあるペン」フィッシャー スペースペン アストロノート B-4