2005.04.19(73)

「クネクネと曲がるペン」

ぺんてる

Flexibol Pen 

ぺんてる Flexibol Pen まがりんぼーる

今年の2月に、私のウェブサイトを日ごろご覧いただいている読者の方々とステーショナリーについて語り合うという趣旨でオフ会(座談会)を開催した。せっかくの機会だから、各自お気に入りのステーショナリーを持ち寄りましょうと呼びかけたところ、当日は、たくさんのこだわりのステーショナリーが一堂に会した。

その中でIさんが持ってこられたのが今回ご紹介する、ぺんてるさんのFlexibol Pen。以前に私も手にしたことはあったが、すっかりその存在を忘れてしまっていた懐かしいペンだ。

ぺんてる Flexibol Pen まがりんぼーる

■ 日本では「まがりんぼーる」という商品名

Flexibol Penというネーミングは海外で販売された時のもので、日本では「まがりんぼーる」という実に分かりやすい商品名だった。発売は、今からさかのぼること15年前の1989年。実は、このFlexibol Penのデザインはアルゼンチン出身のインダストリアル デザイナーのエミリオ・アンバス氏によるのものだ。

ぺんてる Flexibol Pen まがりんぼーる

エミリオ・アンバス氏は椅子やエンジンをはじめ、照明器具、歯ブラシなど耐久財から消費財まで幅広い分野で活躍をされている。氏のウェブサイトを見ていたら、ラミー社のMagic Wand Roller Penというペンのデザインも手がけられていた。Flexibol Penは、さすがインダストリアルデザイナーによるものという感じがひしひしと伝わってくる素敵なスタイリングをしている。15年経った今見ても、古さを感じさせない。

外観はとてもユニークで、2つに分かれた胴軸を、まるで背骨のようなパーツでつないでいるというもの。

ぺんてる Flexibol Pen まがりんぼーる

むき出しになったその背骨こそ、クネクネと曲がる秘密である。これがとても気持ちよく曲がる。曲がり味としては、ちょっと弾力があり、曲げたら曲がりっぱなしにはならずしばらくすれば自然に元に戻る。

ぺんてる Flexibol Pen まがりんぼーる

この背骨をよーく観察してみると、格子状になっていて中に入っているボールペンの芯がわずかではあるが垣間見えるようになっている。その隙間からインクの減り具合を確認することだってできてしまう。

ぺんてる Flexibol Pen まがりんぼーる

■ リフィルも曲がる仕様

実は、このクネクネと曲がる構造は、その背骨によるものだけではなかった。分解して中に入っているボールペンの芯を出してみると、通常の芯とはちょっと違っていた。

ぺんてる Flexibol Pen まがりんぼーる

ちょっと曇りガラスのようなその芯は、通常よりも明らかにクニャクニャとしている。おそらく、快適な曲がり味を出すために特別に開発されたのものだろう。

ぺんてる Flexibol Pen まがりんぼーる

■ 手前がFlexibol Penの芯

ぺんてる Flexibol Pen まがりんぼーる

■ 書く時は、ツイストしてカチッとロック

では、ペンとしてどうやって使うかというと、ペン先側の軸をひねるとカチッとロックが解除される。それをクルクルと回していくと、少しずつ背骨の方にスライドしていく。そして、2つに別れ別れになっていた軸が最終的には1つに合体するというもの。

ぺんてる Flexibol Pen まがりんぼーる

この時にもカチッというしっかりとしたクリック感と共にロックされるので安定した筆記が可能となる。先ほどまでの背骨丸出しのユニークなスタイルとは、うって変わって、すっきりとしたペンに変身する。

ぺんてる Flexibol Pen まがりんぼーる

書き終われば、先ほどの逆の要領でグリップのついた軸をカチッとロックを解除してクルクルと回せばよい。この回転スライド式とでも言おうか、クルクル、カチッは他のペンでは味わえないとても楽しいギミックだ。ペンのトップ部分には、「PATENTED BY EMILIO AMBASZ」とある。デザインだけでなくこうした機構の特許もとっているようだ。

■ ズボンのポケットに入れるために

ところで、ペンが曲がるというその機能はなぜ必要だったのか?単に曲がって楽しいということだけでなく、 ちゃんと実用性が考えられている。ミリオ・アンバス氏に聞いた訳ではないがおそらく、それはズボンのポケットなどに収納する時のためだろう。実際、Flexibol Penがクネクネと曲がるのは、書かずに携帯をする時だけだ。

私は、ペンをズボンのポケットに入れることがよくあるのだが、そういう時は、軸の短めのペンにしている。長い軸だと椅子に座ったり、立ったりした時に、ペンが邪魔をしてとても居心地が悪い。Flexibol Penをズボンの前ポケットと後ろのポケットに入れてみた。立ったり、座ったりしても先ほどの背骨がよく曲がってくれるのでほとんど違和感はない。

特に、後ろ側のポケットに入れている時などは、ペンが入っていることすら忘れてしまうほどだ。Flexibol Penはすでに、日本では絶版となっている。今回は、ぺんてるさんに無理を聞いていただき倉庫に眠っていた貴重な在庫をご提供いただいた。

ぺんてる Flexibol Pen まがりんぼーる

当然もう、専用のクニャクニャと柔らかい芯も販売されていない。私としては、この素敵なペンを単なるコレクターズアイテムとして眠らせておきたくなかったので、邪道かもしれないが、他のボールペンの芯をちょうど良いサイズにカットして使っている。さすがに、当初ほどの曲がり味はなくなったものの十分に曲がる。ちょっと固めになった私のFlexibol Penは握力アップのトレーニングにもなりそうだ。

*関連コラム
■「ドイツデザイン 万年筆」Duller 万年筆 By ディートリッヒ・ルブス
■「ゼブラのデザインペン!」ゼブラ arbez piirto

エミリオ・アンバス氏のオフィシャルサイト(英語)