2008.08.19(161)

「貼って剥がせるホワイトボード」

住友スリーエム

貼ってはがせるホワイトボード

住友スリーエム スリーエムジャパン ポスト・イット 貼ってはがせるホワイトボード

最近、色々と便利になっている一方、なんでもかんでもがシステマティックになり過ぎている。会社で会議をひとつ開く時もそう。会議室をちょっと覗いて空いているからと言って、勝手に使ってしまう訳にはいかず、
社内のウェブで予約を入れるといったしかるべき手続きが必要だったりする。なにも会議室でなくても、社内の休憩所やオフィスの一角でも会議は開けないこともない。ただ、ひとつだけ足らないものがある。

それはホワイトボード。会議では多くの人の意見が飛び交う。飛び交わせているだけでは、意見はまるでシャボン玉のように生まれては消えを繰り返す。やはり、これはという意見はみんなに見えるように文字にして残さないといけない。それ故、ホワイトボードは会議の必需品と言える。

■ これがあればどこでも会議ができる

そんな会議室が取れない時でも、どこでもホワイトボードがある会議が出来てしまうというのが、この「<ポスト・イット>貼ってはがせるホワイトボード」だ。この商品名をお読みいただければ、これが何であるかが、おおかた察しが付いてしまうというそのものズバリのネーミングだ。

でも、それではこのコラムがここで終わってしまうので、あれやこれや色んな角度から見てみたいと思う。商品は、カートンボックスに入っている。どこでも会議ができるように持ち運びやすさも考慮されているのだろう、箱には取っ手も付いている。

住友スリーエム スリーエムジャパン ポスト・イット 貼ってはがせるホワイトボード

重さは670gと、とっても軽量。中には、グルグル巻きになったホワイトボードが入っている。

住友スリーエム スリーエムジャパン ポスト・イット 貼ってはがせるホワイトボード

ホワイトボードは中芯に巻き付けられた状態になっている。これを広げていく。

住友スリーエム スリーエムジャパン ポスト・イット 貼ってはがせるホワイトボード

おもて面はツルツルとしたホワイトボード用の加工、そして裏面には、両端にテープが貼られている。

住友スリーエム スリーエムジャパン ポスト・イット 貼ってはがせるホワイトボード

これをはがすと<ポスト・イット>ノートの貼ってはがせる粘着面になっており、あとは、壁などに貼りつければホワイトボードが出来上がってしまう。実にシンプルで簡単だ。

■ 布以外の壁なら貼れる

ちなみに、どこにでも貼れるという訳にはいかず、例えば布面には貼ることができない。どんな素材に貼れて、逆に貼れないのかについては、<ポスト・イット>ノートを思い浮かべればいい。これまでの経験値から<ポスト・イット>ノートがしっかりと付きそうな所をさがせばOK。大きさは60cm×90cm。ちなみに、この上に90cm×120cmという大きめサイズもある。

住友スリーエム スリーエムジャパン ポスト・イット 貼ってはがせるホワイトボード

さすがに会議室にあるような大きさとまではいかないが、簡易会議用としては十分ではないかと思う。たまに、会議室の壁自体がホワイトボードになっているのを見かけるが、住友スリーエム社でも、そのための素材を製造・販売している。実は今回のものは、そうした素材に<ポスト・イット>ノートの粘着剤を付けたというものだったのだ。これまであったものを組み合わせて、まったく新しいものを作りだしている点が面白い。

そもそもアイデアというものには、全く新しいものは存在せず、実はすべて既存のもの同士の組み合わせでしかない。と、とある本で読んだことがある。今回のものは、まさにその典型例と言えそうだ。このホワイトボードには、黒・赤のマーカーとイレーザーが付属されている。

住友スリーエム スリーエムジャパン ポスト・イット 貼ってはがせるホワイトボード

特に、このイレーザーは消す面が6層になっており、汚れたらはがせば、新しい面がでてくるという合理的な作り。

住友スリーエム スリーエムジャパン ポスト・イット 貼ってはがせるホワイトボード

■ 勢い余ってはみ出さないために

ホワイトボードを見てみると、ふつうのホワイトボードでは見かけないものがある。フチをグルリとスポンジ状のものが取り巻いている。

住友スリーエム スリーエムジャパン ポスト・イット 貼ってはがせるホワイトボード

これは、壁に貼って使うこのホワイトボードならではのもの。白い壁にこれを貼っていたとしよう。会議が白熱して、ホワイトボードと壁との見境がつかなくなって、思わずはみ出して書いてしまうということも十分にあり得る。

壁を汚してしまったら、総務の人に大目玉をくらうことになりかねない。そうなったら、以後「会議室以外での会議は一切禁止」という事態に発展していくことだって考えられる。そこで、住友スリーエム社では、そうした総務の人対策としてガードを付けたのだろう。(たぶん。。)

住友スリーエム スリーエムジャパン ポスト・イット 貼ってはがせるホワイトボード

住友スリーエム スリーエムジャパン ポスト・イット 貼ってはがせるホワイトボード

壁をよごすことなく、たっぷりと意見が出て無事に会議が終われば、速やかに後片付けをしなくてはならない。そこで気になるのが、このホワイトボードの仕舞い方である。普通の<ポスト・イット>ノートなら、書き終わればポイッとゴミ箱に捨ててしまえばいい。さすがに、これはそうはいかない。

では、どうするか。先ほど、グルグル巻きになった状態をほどく時に、中にあった芯を使う。ホワイトボードの粘着面をこの芯に貼り付け、クルクルと巻いていく。

住友スリーエム スリーエムジャパン ポスト・イット 貼ってはがせるホワイトボード

住友スリーエム スリーエムジャパン ポスト・イット 貼ってはがせるホワイトボード

この芯の表面素材は、はがしやすい加工になっている。最後も粘着面でピタリと固定すれば片付け終了。これで、何度も使うことができる。とは言っても、壁に付いた汚れが段々とたまって、粘着力が弱くなってしまうことがある。

そうした時は、別途、スリーエム社から出ている「掲示用テープ」というものを入手して、弱くなった粘着面の上から貼ってしまう。この「掲示用テープ」は片面が通常の粘着(貼ったら基本はがせない)、その裏面がは貼ってはがせるタイプになっているというものだ。これを使えば、粘着面の心配はほぼなくなる。

住友スリーエム スリーエムジャパン ポスト・イット 貼ってはがせるホワイトボード

このホワイトボードがあれば、今回ご紹介したような「どこでも会議」というスタイルはもちろんのこと、自分のデスクの近くに貼って「自分専用のホワイトボード」として、はたまた、外出先での打ち合わせやプレゼンにと、まさにモバイル ホワイトボードとしても使うことができる。

*関連リンク
■「アクティブ ファイル !」スチレンボード
■「手軽にホワイトボードを使う」コクヨ 創材 Light Write Board
「仮のプロフェッショナル」スリーエムジャパン ドラフティングテープ