2004.03.02(16)

「折りたたみできるキーボード」

TARGUS

STOWAWAY ポータブルキーボード

TARGUS STOWAWAY ポータブル キーボード

最近は折りたたみ式のものでも、かなり本格的に使えるものが多くなったと思う。例えば、自転車。以前から折りたたみ式はあったが、どこか仮のもの、とりあえず近くまでは行けるといったものが多かったが、最近の折りたたみ自転車は 結構本格的になっている。折りたたみといえば、傘もある。私が愛用しているのは拡げれば普通の傘くらい大きく、しかも、ワンタッチで開いて、さらにワンタッチで閉じてしまう。こうしてみてみると、最近の折りたたみ事情は「折りたたみ=とりあえずのもの」という図式はなくなりつつあると思う。折りたたみモノの本格志向が進んでいる。

■ 電子手帳 Palm 用のキーボード

今回ご紹介する折りたたみ式のキーボードは、まさに本格的でしっかりと使える。このキーボードはPCには使えず、電子手帳(古い言い方だが)のPalmOSのソニーClie(クリエ)の初期モデル(Peg300または500)専用である。私は、3年前からその電子手帳を使い始めている。いろいろなOSがあるが、シンプルを基本とするPalmOSその中でも2000年にソニーがはじめて出したClie(モノクロ液晶)を今も愛用している。

電子手帳の1つの欠点を言うならば、文字の入力だと思う。スタイラスと言われる付属のペンを使って画面に書いていく。しかも、私のClieはグラフィティという特殊文字による入力となる。今では、スラスラ入力できるようになったが、さすがに長文となるとちょっと大変だ。そんな時に、この折りたたみキーボードが大活躍してくれる。やはり、両手を使ったキーボードによる入力は断然速い。

TARGUS STOWAWAY ポータブル キーボード

折りたたんだ状態だと電子手帳よりひとまわり大きいくらいのサイズ。折りたたんだ状態を見て、これがキーボードだとわかる人はまずいないだろう。そして、拡げるとほぼフルピッチサイズのキーボードが出現する。この拡げる仕組みがなんとも愉しませてくれる。

■ 折りたたみ式なのにフラットな使い心地

キーボードのサイドにある解除ボタンをパチッとはずと、W字に折りたたまれたキーボードが現れてくる。それを平らな机の上になどに拡げる。ちょうど折りたたんだ元のサイズの4倍くらいに広がるイメージ。

TARGUS STOWAWAY ポータブル キーボード

折りたたみ式だが、キータッチがちょっとタッチが浅いことをのぞけば実に快適。小さなB5版のノードブックPCより、よっぽど打ちやすいと思う。このキーボードには当然電子手帳をセットするスタンドが付いている。そこにセットすればすぐに使える。

TARGUS STOWAWAY ポータブル キーボード

もともとPalmはスイッチを入れればすぐ使える。PCのように数分かけて起動する必要はない。さっと出して使えて、終わればさっとしまえる手軽さがうれしい。また、このキーボードには電池やACアダプターなどが一切ない。ではどこから電源をとるかというと、電子手帳側の電源を拝借している。だから、コードが邪魔になったりせずにスマートに使える。

前回、ラフ原稿の作成はMOLESKINEを使っていると書いたが、スターバックスなど落ち着けるところでは、この折りたたみキーボードを使うこともある。テキストデータとして入力できて、PCに流し込めばすぐに編集にとりかかれるメリットがある。それから、このキーボードは人前で拡げた時に、痛いほど周り視線を感じる。結構それが面白かったりする。小さく持って、大きく使える、便利で楽しい気持ちにさせてくれるキーボードのお話でした。

*関連コラム
■「デジタルメモ帳 ポメラの使い心地レポート」キングジム ポメラ
■「所有する喜びが感じられる手帳」MOLESKINE ポケット ルールドノート