2004.01.20(10)

「二刀流 鉛筆削り」

KUM

ロングポイント鉛筆削り

KUM ロングポイント鉛筆削り

鉛筆は、もちろん書き味が重要だ。 けれども、見た目にだってこだわりたい。ここで言う、見た目とは、鉛筆のデザインではなく削りの仕上げのこと。

仕上がりは木の部分の削り具合と芯の長さのバランスがとっても重要だと私は考える。極端に木の削りと芯が短い仕上がりはなんとなくバランスが悪いせっかくの鉛筆なのだから、自分の気に入った削りの鉛筆で書きたいものだ。

この前、鉛筆削りはDUX、これ1つで当分いこうと思った矢先にまた別のものに手が出た。好きなもの、私の場合はステーショナリーだが、買っても買ってもまた、欲しくなる。私の食欲と睡眠欲と物欲は止まることを知らない。

■ 2つの穴で順番に数っていく

このKUM社の鉛筆削り、見た目は極めて普通の手のひらサイズの鉛筆削り。(鉛筆の軸をぐりぐり回して削るもの。) 穴が2つある。ここまでは珍しくない。違うのは、この2つの穴、片方の穴で鉛筆の木の軸だけ削り、もう1つの穴で芯だけ削る、という役割分担が決められていること。

普通の鉛筆削りは当然ながら、木と芯を一緒に削る。同じ鉛筆削りを使えば、削った鉛筆の仕上がりはいつも同じになる。 このKUM社の鉛筆削りを使えば、芯の部分を自分の好みの長さにするといったことも可能だ。これは賞賛に値する。

■ 一つ目の穴で木を削る

では、どうやって使うか。まず、1と書かれた方の穴に鉛筆を入れて、ぐりぐり回す。1番の鉛筆削りは、木を削る担当になっているから鉛筆の芯は削らずに木だけを削っていく。鉛筆削りの先に小さい穴が開いていて、そこから、削られていない芯が現れてくる。

KUM ロングポイント鉛筆削り

自分の好みのところでやめて、鉛筆削りから鉛筆を抜いてみると、面白いように木の部分だけがきれいに削れている。これはなかなか新鮮だ。ちなみに、ストッパーの壁があり、ある程度のところでとまるようになっている。なので、私が小学生時代よくやった鉛筆の芯だけを残しながらどこまで削れるかといったことはできないようになっている。今さら、いい年してそんなことはしないが。でも、ストッパーがなければ久しぶりにやったかもしれない。

ちなみに、木の削りかすが飛び散らないように、ふたがついているのでこれなら我が家の掃除担当者も安心だ。(といっても私の事だが。)

KUM ロングポイント鉛筆削り

■ 2つめの穴で芯を削る

次は、芯だけを削る担当の2の穴に入れる。同じようにぐりぐり回す、今度は木は削らずに、芯だけをきれいに尖らせてくれる。これで完成。ちょっと芯だけ長めにしたいといった、使い手の好みにも合わせられる。

KUM ロングポイント鉛筆削り

この鉛筆削りのメーカーKUM社は79年の歴史を持つドイツのシャープナーメーカー。鉛筆削りだけでも数多くの商品ラインナップがありさらに、化粧品用のシャープナーも同様に製造している。つまり、「削る」専門メーカーなのである。

本体には、あらかじめ替え刃が2枚セットされているのは大変うれしい。まったく、かゆいところに手が届く配慮だ。2回削るという手間はかかるが、これはこれで、楽しい作業である。

□ 芯ホルダーのシャープナーも付いたKUM オートマチックは、こちらで販売されています。

*関連コラム
■「最後まで鉛筆を慈しむ道具」鉛筆補助軸いろいろ
■「大人の鉛筆削り」DUX社 鉛筆削り
■「鉛筆を自分好みに削る」肥後守