2015.08.11(336-2)

「ISOT2015 2」

国際 文具・紙製品展レポート

ISOT2015 レポート

■ 幸せな紙のかたまり 紙のミルフィーユ

紙を糊で何枚も貼り合わせていく合紙(ごうし)。

ISOT2015 レポート

この大きなメモブロックの表紙はその合紙で出来ている。使われているのはタントという紙。そこそこハリのある紙だが単体ではそれほどの強度があるわけではない。これは、その紙を17枚特殊な糊で貼り合わせている。

できあがったものは、紙というよりもはや板のような堅さある。詳しくは教えてもらえなかったが、どうやら糊が特殊なものらしい。その表紙に挟まれるように350枚の紙が綴じ込まれている。小口を手で触ると一切の段差もなく、フラットそのもの。

ISOT2015 レポート

メモブロックの中の紙は糊だけで綴じられて上に寒冷紗を貼っているだけ。中の紙はピリッとキレイに切り取ることができる。タップリとした大きさがあるので、メモというよりもアイデアなどを書くのによさそうだ。

ISOT2015 レポート

ISOT2015 レポート

* Noteblock 1,800円+tax

■ 変身具合が面白いパンチ LIHIT LAB.

ISOT2015 レポート

「コンパクトパンチ」という2穴パンチ。

ISOT2015 レポート

パンチらしからぬうすさ、そして長さだ。上の部分を少々強めに押し込むとガチャッという音とともに瞬時に2穴パンチに変身する。

ISOT2015 レポート

まるでロボットの変身のようで、子供が手を上げてよろこびそうな文具だ。コピー用紙5枚に穴を開けられる。

ISOT2015 レポート

*コンパクトパンチ 1,500円+tax

そのすぐ隣にあったのが「プチとじ」という書類綴じ機。

ISOT2015 レポート

ゼムクリップでとめた書類はさぁページをめくろうとすると、クリップが外れてしまうことがある。一方、大きなクリップだとクリップが邪魔をして見にくくなる。これは、その点を解決してくれるという。綴じたい書類にまず、この「プチとじ」で角に穴を1つあける。

ISOT2015 レポート

その穴に、付属のクリップをセットしてパチリと重ねあわせる。

ISOT2015 レポート

ふたたび「プチとじ」でそのクリップを上下からギュッと抑えこんで、ガッチリと固定させる。

ISOT2015 レポート

一カ所綴じながらしっかり固定でき、クリップもそれほど厚みがないのでめくりやすい。言葉にこそ出さなかったが、それならホチキスを使えばいいのではないだろうか、、と思った。

その私の心の声が聞こえたのか、専用クリップは全5色あるので書類ごとに色を分けて管理できるとのことだった。

ISOT2015 レポート

なるほど、それはホチキスではやりにくい。

*「プチとじ」 750円+tax (白のクリップ付き)
専用クリップ 各390円+tax

■ 貼ったままスライドできる付せん マグネティック ノート

ISOT2015 レポート

日本文具大賞2015 機能部門を受賞し話題になっていた「マグネティック ノート」。

ISOT2015 レポート

糊なしなのにどこにでも貼れるというユニークな付せんだ。ブースで実物を触らせていただいた。付せんのように束状になっている。

ISOT2015 レポート

一枚をヒラリと取り出して分かったのだが紙ではなかった。ポリプロピレンだという。噂どおり裏面には糊はなかった。これは静電気を利用して貼り付けられる。ガラス、金属、プラスチックなど表面がツルツルしたものはもちろん、木材やレンガ、コルク、革や布もOKだという。

ISOT2015 レポート

表面には色がついていて少しザラザラとした質感。こちらの面は、油性ボールペン(マーカー)や鉛筆で書き込める。一方、裏面はツルツルしていて、ホワイトボードマーカーで書け、ふき取って消すこともできる。

同じポリプロピレン製で大きなロール状のやはり静電気でどこでも貼れるホワイトボードがあるが、同社によると表面処理、静電気の技術が違うものだそうだ。今回、私が一番注目したのは、壁などに貼った付せんを自由にスライドして移動できる点だ。

ISOT2015 レポート

糊状の付せんだと、いちいちはがして貼る必要があったが、これならスムーズに移動できてしまう。アイデア発想によさそうだ。

ISOT2015 レポート

(透明タイプもあった)

*ウインテック 魔法のふせん magnetic NOTE Sサイズ

■ 紙で色々な気持ちを伝える デザインフィル

ISOT2015 レポート

ブースの上から「ありがとう」や「おめでとう」、「また会いましょう」など色々なメッセージが吊されている。そのメッセージを伝えるのに相応しい商品がその下に展示されている。たとえば、MD便箋、MD封筒。

ISOT2015 レポート

ホワイトはMD用紙コットン、クリームにはMD用紙クリームが使われている。MDシリーズらしくたっぷりと余白が設けられている。

ISOT2015 レポート

余白があることで、ギッシリと書き込まれた文面とはまた違った気持ちが伝えられそうだ。

ISOT2015 レポート

ISOT2015 レポート

気が効いているのは便箋を3つ折りしやすいガイドがあるところ。

ISOT2015 レポート

縦罫タイプの右側の少し上に一カ所だけわずかに罫線が途切れているところがある。

ISOT2015 レポート

ここを目印に最初に折ると、キレイな3つ折りになる。紙のサイズはオリジナル。これは書き込む文字の大きさから割り出されている。一行に20文字程度書かれるのを想定し、その文面をより美しく見せる余白が設計されている。

*MD便箋 縦罫/横罫 各480円
MD封筒 縦 380円、横 400円
MDコットン便箋 縦/横 各580円
MDコットン封筒 縦 420円、横 440円 *いずれも税別
2015年10月発売。

□ 参考出展として「じゃばら帖 花絵巻」という便箋があった。

ISOT2015 レポート

広げると5mの蛇腹式便箋になっている。

ISOT2015 レポート

各折り目にはミシン目も入っているので、好きなところでカットできる。注目したのは、その絵柄。全体を通して日本の四季が描かれている。

ISOT2015 レポート

ISOT2015 レポート

ISOT2015 レポート

それぞれの絵の境目は、ガラリと変わるのではなく、季節が春から夏に次第に変わっていくようにあくまでも自然に移ろいでいく。

□ これは便利だと思った色紙があった。

ISOT2015 レポート

観音開きの色紙。書き込む時には専用のシールを使う。

ISOT2015 レポート

色紙に直接書くと、記入者全員に回すのに結構な時間がかかる。シール式ならシールだけをみんなに配ればいいので時間短縮になる。もし遠方の人がいてもシールだけ送ればいい。そして、そのメッセージをバランスよくレイアウトできる良さもある。

直接色紙に書く場合だと、みんながみんな遠慮して端っこばかりに書いてまん中が変に空いてしまうことがある。シールであれば、貼る時にバランスを整えられる。「シール色紙」は、ミドリが2003年にはじめて発売したものだそうだ。

*箱入り色紙 2,000円+tax
2015年12月発売

□「透け紙」というユニークなアイテム。

ISOT2015 レポート

うっすらとではあるが、ところどころが透けている。

ISOT2015 レポート

もともとの紙は包装紙でそこに特殊な加工をすることで、このくもりガラスのような独特な透け感を作り出している。

ISOT2015 レポート

お菓子など、ちょっとしたものを包むのに使えそうだ。

ISOT2015 レポート

*透け紙 6柄 各10枚入り 各柄380円+tax
2015年9月発売

次ページにつづく >>