2007.06.05(132)

「ジウジアーロの椅子比較」

岡村製作所

バロン

岡村製作所 バロン  コンテッサ

以前、このコラムでもご紹介したことのある岡村製作所のコンテッサ。ジウジアーロデザインの美しさと快適な座り心地を併せ持つシーティングマシーンである。もう、かれこれ2年ほど愛用しているが、その魅力は色あせることなく私の中でいまだにお気に入りの椅子として君臨し続けている。

そんな私の幸せそうな座り姿を見ていた妻が、仕事場で使う椅子を新調したいと言いだし、夫婦で色々と検討した結果、コンテッサの弟分にあたるバロンというモデルを買うことにした。そこで、今回はジウジアーロの2種類の椅子を色々な角度から比較をしてみたいと思う。

岡村製作所 バロン  コンテッサ

【左: バロン  右:コンテッサ】

まず、デザイン面から見てみよう。2脚ともに共通しているのは、後姿がうっとりしてしまう程の美しさがあるということだ。コンテッサのトレードマークにもなっている背もたれから座面につながる美しいラインはバロンにもしっかりと受け継がれている。

岡村製作所 バロン 

【バロン】

岡村製作所 バロン  コンテッサ

【コンテッサ】

ただ、ちょっと違うのはコンテッサはメインフレームでその美しさを形作っているのに対し、バロンでは、背もたれ自体の形状で表現している。

岡村製作所 バロン 

なので、コンテッサ程のグラマラスさはなく、シンプルでスッキリとしたという印象がある。次に座り心地を比べてみると、ちょっとした違いが感じられた。それは、体のホールド感。コンテッサの方が体を包みこんでくれているというフィーリングがやや勝っているようだった。

岡村製作所 バロン  コンテッサ

【奥:バロン 手前:コンテッサ】

■ コンテッサの方が座面がやや広い

特に、座面については、それが顕著に表れていた。2つの座面のサイズを比べてみると、奥行はバロンの方が3cmほど短くなっていた。わずか3cmくらいではあるが、この差は座り心地に如実に表れてくる。身長180cmの大柄な私が座ると、太ももの裏側が少しばかり座面からはみ出てしまう。

しかし、小柄な妻に言わせると、バロンくらいの方がちょうどいいと言っていたので、体の大きさや好みによるものが大きいと思う。そして、これは人が座っているのをみて気づいたのだが、座り姿がシャキッとして見えるということがあった。それは、先ほどの背もたれから座面につながる独特なフォルムにより、そう見えているようだ。

どういうことかと言うと、人は、姿勢を正して椅子に座る時に、背筋を弓なり状にそらすことが多い。コンテッサにしろ、バロンにしろ、その腰の部分がすでに、弓なり状になっているので、普通に腰を掛けてたとしても、あたかもビシッと背筋を伸ばしたように見えてくるのだ。

椅子単体での美しさだけでなく、座り姿まで意識してデザインしているとは、恐れ入った。

岡村製作所 バロン  コンテッサ

【左: バロン  右:コンテッサ】

■ 操作はコンテッサの方が楽

お次は機能面での比較。いずれも座面の上下・前後やリクライニングの調整はバロンもできるようになってる。しかし、コンテッサでは、アームレストの下についているレバーで操作できるのに対し、バロンは座面の下に操作系が集中している。

岡村製作所 バロン  コンテッサ

【奥:バロン  手前:コンテッサ】

こういう調整は、一度決めてしまったら、そんなのしょっちゅう変えるものでもないので、それほど気になることもないと思う。こう比較してみると、値段もそれなりにお高いコンテッサの方が何かと優れている点が多いようだ。

■ ヘッドレストはバロンの方が快適!

しかし、実は、ひとつだけコンテッサユーザーの私でもこれはやられた!とバロン打ち負かされてしまった事があった。コンテッサユーザーとしては正直かなり悔しいことだった。それは、ヘッドレストである。コンテッサもバロンもヘッドレストはオプションで付けられるようになっている。

岡村製作所 バロン  コンテッサ

【左: バロン  右:コンテッサ】

コンテッサは、おにぎりを逆さまにしたような形をしており、とってつけた感というものがそこはかとなく漂っている。どことなく、歯医者さんで治療をしてもらう時に頭をのせるタイプにも似ている。

岡村製作所 バロン  コンテッサ

一方のバロン君ときたら、背もたれの幅をそのまま活かして横幅たっぷりのヘッドレストになっている。これはもうヘッドレストというよりかは枕と言った方がいいかも知れない。しかも、とってつけた感は微塵もなく、悔しいけど完全に椅子と一体化している。そして、この頭ののせ心地ときたら、これまた悔しいのだ。やはり、おにぎりと枕とでは、当然のせ心地は違ってくる。

岡村製作所 バロン  コンテッサ

岡村製作所 バロン  コンテッサ

【左: バロン  右:コンテッサ】

コンテッサのおにぎりタイプは、正しく座った状態でそのまま頭をまかせる分にはさほど問題はないが、すこしでも頭がずれると、不安定さが付きまとう。その点、バロン君は枕なので、寝返りを打つように頭を右に左に移動してもしっかりと受け止めてくれる。なので、 椅子で昼寝をするときの寝像が悪いという人は、バロンをお選びになった方がいいかも知れない。ちなみに、コンテッサにこのバロンのヘッドレストをつければと思うところだが、それは、残念ながらできないようになっている。

以上のようにそれぞれには長所と短所があった訳だが、それを踏まえ、私は、仕事をする時は体のホールド感に優れたコンテッサを使い、ちょっと一休みで昼寝や読書をするときは、頭のホールド感に優れたバロンを妻に内緒で使うようにしている。バロンのリクライニングをばっちりと効かせて、頭をこのヘッドレストにまかせていると、今度は、フットレストが無性に欲しくなってきてしまった。

岡村製作所 バロン  コンテッサ

□ 各種バロンは、こちらで販売されています。

*関連リンク
■「ジウジアーロデザインの椅子」岡村製作所 コンテッサ
■「ミニマリズム スモールオフィス」
■「仮の仕事場」 リージャス ビジネスワールド