2014.02.18(299)

「フラットなスナップパッド」

ポスタルコ

プレスボードスナップパッド

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

パチンととめるスナップを綴じ具に採用したポスタルコのスナップパッド。

2穴パンチで穴を開けた書類やミスコピー用紙を綴じて使えるアイテムだ。私は日々の仕事でこんな感じで使っている。たとえば、プリントアウトした原稿の推敲。

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

つい先日、新しい本を書きあげたところ。そのゲラをスナップパッドに綴じ込み、パラパラめくりながら推敲をしていた。たまに移動中の電車でも推敲することがあった。スナップパッドには表紙が付いていて、それを立てると隣に座っている人の視線をさえぎることもできたりしてなかなか便利だ。(ちなみに片側だけで、反対に座っているからは丸見えだが。。。)

それからミーティングに出席するときに、その関連資料を予めスナップパッドに綴じ込んで臨むということもある。書類だけを持ってミーティングに臨む時よりもこのガッチリとしたスナップパッドに入れた方が気持ちがキリッと引き締まるような気がする。

こう見てみると、私の使い方はどちらかと言うとファイルとしてメインで使い、時々書くというものが多い。それを式で表すと『綴じる > 書く』。そして、今回新たに登場した「プレスボードスナップパッド」は『書く > 綴じる』という使い方がしやすくなっている。

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

■ 一番の違いは、素材がプレスボードになっている

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

プレスボードとは、いわゆる少し厚めのボード紙。私の身近なところでは、月光荘スケッチブックの表紙をほんの少しだけ厚くしたといった感じに近い。これまでのスナップパッドに比べ、しなやかさがある。これがすなわち書きやすさに繋がっている訳ではない。

では、どこが書きやすくなっているかというと、それは表紙を開けるとわかる。ちなみに表紙の端っこは2カ所カットされている。

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

これは表紙を綴じ込んだときに、とじ具のバーにしっかりと表紙を固定するためだ。表紙がしなやかになったので、今回のものはこうした作りになっている。さて、表紙を広げると気づくのが、その折り返し部分にあるビス。

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

これまでのスナップパッドにはなかったものだ。

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

横から見てみると、2枚のプレスボードが重ね合わされ、それをビス留めされているのがわかる。

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

なにゆえこのような作りになっているのか。ポスタルコのマイクさんによると、フラットにしたかったからだそうだ。なるほど表紙を折り返してみるとたしかに、ビシッとしたフラットになる。

では、これまでのスナップパッドはどうだったか。こちらは折り目のところがほんのわずかだが、山状に膨らんでしまう。

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

と言っても、1cmくらいのものだ。デザイナーや絵を描く人は紙面がフラットになっていることにとてもこだわりがある。これまでのスナップパッドでは、紙面自体はフラットだが、紙面の端っこだけが少しだけ膨らんでしまっている。

紙の端を描く時にペンを持った右手があたってしまう訳だ。プレスボードスナップパッドでは、この点をすっきりと解消している。

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

しかも、この折り目の部分がこれまでのものより結構広めに作られている。

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

プレスボードスナップパッドでは、今回A6という小さなサイズがある。

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

こうしたサイズでは手に持ったまま書き込むというシーンも多い。この時、先ほどのスペースにペンを持った右手をのせられるので紙面の下側でも快適に書いていける。

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

こうした点が『書く > 綴じる』と申し上げた理由なのである。

■ フラットということで言えば、もうひとつある

パチンととめるスナップボタンを見てみると、表面が完全にフラットになっている。

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

裏面もしかり。

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

従来のスナップパッドは、表面だけだが立体的なリベットになっている。

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

これはこれでデザイン的に気に入っているが、本棚から出し入れする時などに引っかかってしまう恐れがある。今回はノート感覚でより使いやすくなっているので、出し入れするシーンは増えることだろう、ということでこうした配慮がされている。

■ デザインは今回のものはグッと落ち着いている

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

たとえるならニューヨークのアンティークショップで売られている昔の事務用品といった佇まい。プレスボードは使い込むと比較的早い段階で角っこがこなれてきたりするが、その姿もまた味わい深そうだ。冒頭でも触れたが、これまで私はスナップパッドに色々と資料を綴じ込んで使ってきた。

本来の使い方のひとつでもある、ミスコピー用紙を入れるということは思い返してみると一度もしていなかった。これまでのスナップパッドはガッチリとしたつくり、そしでデザインだったので、その中にミスコピーを入れるというのがちょっと似つかわしくないと感じて遠慮していたのかもしれない。

今回のプレスボードスナップパッドは作りも少々カジュアルになって、ミスコピーを入れて使いやすくなった気がする。

ポスタルコ プレスボードスナップパッド

* ポスタルコ プレスボードスナップパッド
A4 2,300円+Tax、A5 1,800円+Tax、A6 1,500円+Tax

□ POSTALCO

■記事作成後記

このスナップパッドに書いたメモは、はずせば一枚一枚の紙になりますので、スキャナーに通してデジタルがしやすくなります。私は書き終わったノートは全てスキャンしてデジタル化しています。それについては、以下書籍で詳しく紹介しています。
「モノが少ないと快適に働ける  書類の山から解放されるミニマリズム的整理術」

*関連コラム
■「パチンと留めるクリップボード」ポスタルコ スナップパッド
■「書類の持ち運びが快適になる」ポスタルコ リーガルエンベロープ
■「財布ダイエット計画」ポスタルコ Pressed Cotton Billfold Fabric & Leather