2004.08.25(40)

「100枚入る名刺入れ」

土屋鞄製造所

エンベロープ型 名刺入れ

鞄工房土屋 エンベロープ型名刺入れ 100枚入る名刺入れ

初対面の方と挨拶を交わして、最初に取り出す道具と言えば名刺入れ。道具にこだわる私としては、相手の顔よりもどんな名刺入れを持っているかというところについつい目が行ってしまう。当たり前のこどだが、名刺交換は初対面の時に使うものだ。なので、名刺入れって、第一印象という面で結構大事だと思う。

これまでの社会人経験の15年の間に4つの名刺入れを使ってきた。でも、今度の名刺入れとは、永い付き合いになりそうなそんな予感がする。それが、鞄工房土屋さんの「エンベロープ型名刺入れ」である。はじめに私の心をとらえたのが、そのちょっと変わったスタイリング。

■ エンベロープ(洋封筒)スタイル

エンベロープは封筒のこと。この名刺入れは洋封筒のような格好をしている。逆三角形型にカットされた扉部分を開け閉めして使う。この開け閉めがなんとも愉しい気分にさせてくれる。これまで私が使ってきた2つ折タイプにはない愉しさだ。手にとってみると、なんとも上品な革の感触が手に伝わってくる。あまりにも滑らかなので、ついつい撫で回してしまう。

材質はヌメ革が使われている。ヌメ革とは牛皮を植物から抽出したタンニンという渋の成分で長時間かけて鞣したもの。やわらかすぎず、硬すぎず、革本来の風合いがとても心地よい。

■ 潔いワンポケット

エンベロープ型名刺入れは収納部分がワンポケットになっている。しかも、それがとてもでかい。メーカーの解説によれば、タバコ1箱がケースごと入ってしまうほど。ワンポケットということで、最初はちょっと戸惑った。今まで、自分の名刺、頂いた名刺という具合に、ポケットを分けて入れてきた。さあ、どうしよう。

でも、この大容量のポケットをうまく使えばいい。名刺入れから、1枚の名刺を取り出すには、手前から取り出すのか、または、一番奥側から取り出すのかのどちらかだと思う。私は、一番奥側から取り出している。きっと、皆さんも知らず知らずのうちに、どちらかのやり方をされているはず。私の場合奥側から取り出すので、頂いた名刺は手前におさめればいい。

こうすれば、間違って他の人の名刺を差し出すというトラブルは回避できそう。でも、よく見てみると、扉の裏側にちゃんとポケットが1つ付いていた。数枚の名刺ならここに入れておける。

鞄工房土屋 エンベロープ型名刺入れ 100枚入る名刺入れ

収容枚数は、なんと100枚。実際に入れてみたが、型崩れすることなく堂々たる存在感がある。

鞄工房土屋 エンベロープ型名刺入れ 100枚入る名刺入れ

100枚の名刺を入れてふたを閉じてみると、まるで、小さな鞄のようだ。

鞄工房土屋 エンベロープ型名刺入れ 100枚入る名刺入れ

100枚収容といっても、見た目にそれほど大きいという印象はない。その秘密はサイドに仕組まれたマチにある。これが効果的に作用して、少なめの名刺を入れた時にはコンパクトに、100枚入れた時には、マチをいっぱい広げて大きく、というように状況に応じて変化してくれる。

100枚もの名刺を入れる機会があるかと言えば、私の場合結構ある。パーティや懇親会など一度に大勢の方々にお会いする時だ。そんな時も、このエンベロープ型名刺入れならスマートに名刺交換ができてしまう。

メーカーである鞄工房土屋さんでは、職人さんが1つ1つ丹精込めて手作りをされている。細かな部分まで抜かりがなく、縫製やコーナーの処理の丁寧さはお見事。手づくりなので、大量生産はしていない。品質を保ちながら、しっかりと作られている。そのこだわりがとても好感がもてる。今は、まだおろしたてなので、革本来のプレーンな茶色をしている。

これから、何年もかけて100人と言わず1,000人以上の方々と名刺交換をしていけば、この名刺入れもきっといい味が出ていることだろう。出会いの際の、よきパートナーとしてこれから末永くこの名刺入れを使っていこうと思う。

*このヌメ革エンベロープ名刺入れは、どうやら廃盤になってしまったようです。

*関連コラム
■「握りしめると、名刺が飛び出す」abrAsus  薄い名刺入れ
■「心地よい名刺入れ」ポスタルコ カードケース
■「私の自炊生活 」(ノート、資料、名刺のデジタル化)